【バンド活動 20150501】バンドのその後

このブログを見ている方はお気付きだと思いますが、もう2ヶ月程、バンドの事を一切書いていませんでした。おそらく、最近のブログ記事の傾向から「あっ・・・」と察してた方もいたはず。

そう、バンドはとりあえず一時休止という形になりました。一時休止とはまた曖昧な形ですが、ほとんど消滅したと思って頂いてよろしいかと。

2 年以上かけて曲を作ったりメンバーを集めたりしてましたが、それらは全て「無」になりました笑。

そう、私は今まさに

悟りを開き、無の境地に達しております!!

さらに

第三の眼を開眼させました!!

さらに

セブンセンシズに目覚めております!!

「過去に一度挫折したけど、またバンドがやりたい!」と一念発起して動き出したものの、結果的には失敗という形に終わりましたが、バンドを動かす中で色んなことに気付くことが出来ました。

その中には自分の考え違いによるものや至らない点などありますが、バンドを立ち上げた人って必然的にリーダー的な立ち位置になると思うんだけど、正直バンドやっててそれが結構キツかった。

多分、こういうのが色々積もって面倒くさくなってバンド辞める、崩壊するというパターンが多いんだろうと思う。

ここで言う面倒なことって音楽的なことじゃないんだよね。連絡が遅いとかすごい小さなことなんだ。でも、その小さなことが組織回すにはすごい大事だって痛感した。

リーダーが回すとかじゃなくて、みんなが回すという意識がないとやっぱり厳しかった。僕にはやっぱりムリだなぁと。

リーダーをやって見えたこと、メモ

続・リーダーをやって見えたこと、メモ

ただ、キツかった記憶ばかりではなく、全パート集まって初めて5 人全員でスタジオ入った時は、本当に楽しかった!!「皆で曲を演奏するのってこんなにイイものなのか!!」と。

DTM では味わえない感覚ってあるし、音楽ってやっぱりこうだよな!!って遠い昔のバンドやり始めた頃の感覚を思い出すような、本当に自分の求めていたものそのままだった。

メンバーにもようやくバンドとして体を成した環境を与えることが出来て良かった思った。ようやく報われたなと。あの時は本当に光り輝いてた。

1ヶ月も経たない内に光は途絶えたけど笑。バンドとして2 年以上動いて報われたの1 ヶ月とは切なすぎるwww

このブログに書いたかもしれないけど、その光り輝いてた頃のドラムの方は僕のブログの読者の方だったんだ。仕事の関係で一緒に出来なくなったんだけど、その方には本当に今でも感謝してる。

さて、悟りを開き無の境地に達した僕だけど、

このままで終わる訳ないじゃろ!!

また動き出すぜ!!

てか、もうちょっとずつ動いてるぜ!!

ゼロからの再スタート!!

失敗から学んでこそ成功があるはず。必ずや皆の前に完全体となった私をお見せしよう。

曲作り辛いwwww

まずは身の回りを整理して、動きやすい環境にしないとね^^

スポンサーリンク