【バンド活動 20160430】プログラマブル・スイッチャーを導入(してた!!我がメンバーが笑)

どうもー!!

今日はバンドのスタジオ練習でありましたー!!実は今回から使用するスタジオを変えようということで、名古屋市内の某スタジオに初めて入りました。

それにしても、最近のスタジオは凄いなぁ。まず綺麗だわ笑。綺麗なスタジオを使うと心も明るくなって楽しくなるね。

さて、320design Brown Feather を導入して以降、音色を切り替えるためのプログラマブル・スイッチャーの導入が必要不可欠だと感じていて、ずっとレビューを読んだりして物色していました。

その中で「これが一番良いかな?」と思ったのが、One Control のChamaeleo Tail Loop MKⅡ

Chamaeleo Tail Loop MKII – ocpeldass jimdo page!

【スイッチャー】ついに登場、Chamaeleo Tail Loop MKⅡ! from One Control -ギタセレ(Guitar Selection)

性能や価格などからこれが良さそうだなぁと思っていたところ、なんと今日のスタジオ練習でバンドのメンバーがコレを導入していた!!笑。しかも、限定品のFairy Pink 仕様!!足元のエフェクトボードも綺麗に組まれていて、芸術品かと思うくらいのデキの良さだった。

僕もこのプログラマブル・スイッチャーを導入しようと思っていたのだが、完全にメンバーに先を越されてしまったww

僕も必要な機材を色々と買い揃えていかなくては。現状、メインの歪み、クリーン、リードの3 音色あれば良いと思っているので、リード用のエフェクターとスイッチャーがいるかな。バンドやると初期費用がハンパないね笑。DTM と正直あまり変わらないぞ・・・

と言うか、DTM 特有のセールで安くなるという現象がほぼないので、バンドの方が精神的にツライ笑。その分、中古品はDTM よりも有利ではあるが。

これから新しいメンバーを迎い入れて・・・みたいなことをやっていこうという流れなので、ちゃんと曲が再現出来るように足元を固めておかないとね。

スポンサーリンク