【バンド活動 20161017】プログラマブル・スイッチャー 初陣は失敗に終わった笑。

いぇ〜い!!音楽活動楽しんでるぅ〜??

音楽楽しいぜベイベーギタリストYuuki-T(@project0t)だぜ!!

先日、「ONE CONTROL Chamaeleo Tail Loop MKII を導入したぜ!!ヒャッハー!!!!」みたいな記事を書いたの覚えてるよね?ってことで、バンドのスタジオ練習で初陣を飾ってきたぜ!!ヒャッハー!!!!

20161017-1

使ってみた第一声が「あぁ・・・」って感じで、色々思い出させてくれた。「そうだった・・・ギターの音作りって大変なんだった・・・」って笑。

今までアンプに直で320design Brown Feather で歪ませてたんだけど、これが僕のPRS との相性が抜群でスタジオ内で気持ち良い音がバンバン鳴ってたんだけど、スイッチャーかましたら旨味が消えたwww

色々繋げると良くも悪くも音は変わるとは思うんだけど、所謂「単体では良いけど、混ざると抜けない音」になってしまった・・・何故かシャリってたしなぁ。Brown Feather はシャリるようなエフェクターじゃないのに苦笑。

ただ、これは多分僕の使い方が悪いからだと思う。

というのは、今回何も考えずに普通にChamaeleo Tail Loop MKII のバッファーを適用していたんだけど、どうもこいつが悪さしてるんじゃないか?的にスタジオ終わった後にメンバーと話してて気付いた。

なので、次はバッファーを切って使ってみる予定。

これでうまくいくと思う。と言うか、うまくいかなかったら完全に沼にハマることになってしまう。とりあえず、今週か来週に個人練で試しに入ってみる予定。

しかし、アレだ。ギターの音作りってやっぱり難しいね。それにひとつひとつの機材が高いし笑。とりあえずひとつひとつ丁寧にクリアーしていくしかないかな。まずはメインの歪みをきちんと出せるようにしないとね。

新しく加入してくてたボーカルが良い意味でぶっ飛んでいるだけに、僕も早く抜群の音でぶっ飛ばなくては!!

今週も音楽楽しんでいこうぜ!!

んじゃ、またね☆

スポンサーリンク