【DTM】BFD3 のダイナミクス調整

スタッフY です。

FXpansion BFD3にはPlatinum Samplesが提供するグルーブを含め、数千種類ものグルーブを収録しています。

20140906-1

ジャンル別にソートすることでイメージにあったグルーブをいち早く見つけ出すことが出来ますし、BFD3 内部でグルーブの編集をするとこも可能です。

もちろん、これらのMIDI グルーブはDAW 上にドラッグ&ドロップで貼り付けることも出来ますよ。

ただ、ドラムの設定や曲によっては「選んだフレーズは良いんだけど、もうちょっと強めで叩いて欲しい」とか、逆に「もうちょっと弱めがいいな」など出てくるかもしれませんね。

そんな時、MIDI パターンのベロシティーを全部上げ下げしてもいいんですが、BFD3 では内部で簡単にその調整が出来ちゃうんです。

BFD3 のMaster Dynamics

まず一番簡単なのが、BFD3 上部のダッシュボードのDyn(Master Dynamics)で「ドラム全体のダイナミクスを設定してしまう」という方法。

20140906-3

このDyn を左に回すことでドラム全体がソフトになり、右に回すことでラウドになります。つまり、ベロシティーのレンジを変えているということですね。

入ってくるMIDI ノートのベロシティーの値を小さくしてソフトにしたり、大きくしてラウドにすると解釈して頂ければ良いかと思います。

ちなみに右に振り切ると、ドラム全体がベロシティ127 でなっているような感じです。

前半がDyn 0%、後半がDyn 25 % です。分かりやすいように大げさにDyn を右に回してみましたが、一聴して強く叩いている感じが出ていますね。

このように全体のドラムの強さを設定することが出来るので、選んだMIDI フレーズでリズムパターンは良いんだけど強さが・・・といった場合には、Master Dynamics で一括で調整してみて下さいね。

ドラムパーツ毎に設定する

上記はドラム全体の調整ですが、人によってはキックだけ、スネアだけ、といった調整がしたいと思います。特にハイハットに関してはリズムの肝ですので、全体を一括で調整するということでは上手くイメージ通りにいかないかもしれません。

そんな時にはドラムエディターのLoudness セクションでパーツ毎に調整しましょう!!

20140906-4

Vel Dyn (Velocity Dynamics) では上記と同じようにベロシティーのレンジを変えます。右に回すことでより激しい音になるということですね。

Curve では再生されるサンプルの音量を変えます。ベロシティーを変えているわけではないので、サンプルの質感は保たれたままなのが特徴だと思います。適切な言葉ではないかもしれないけど、ゲインを上げるのに近い感じがします。

Range に関しては、音量差のレンジ(幅)を大きくします。Curve を上げると抑揚が少し失われる印象がありますが、このRange で抑揚を取り戻すことが出来ます。


上記は前半がCurve を上げて音量を変えた状態。後半がそこにRange で抑揚を調整した状態です。

ここにさらにVelocity Dynamics を組み合わせることで、入力されるMIDI ノートによる振る舞いを細かく調整することが出来ますよ。

最後に

今回はBFD3 のダイナミクス調整について見てきました。

「使いたいMIDI フレーズのリズムは良いんだけど、もっと強く(弱く)叩いて欲しい」なんていう時には、このようなダイナミクス調整を考えてみてはどうでしょうか?

もちろん、いくつも使っているMIDI フレーズの中で、ひとつのフレーズだけのために調整してしまっては曲の中でドラムが破綻してしまいます。その際は手動でグルーブの内容自体を変えてやる必要がありますね^^;

それでは良きBFD3 ライフを!!

FXpansion » BFD3

スポンサーリンク