Bitwig Studio にはアナライザーがない

先日、Bitwig Studio で作ったデモをアップしました。Logic Pro X でやっていたようなことをBitwig Studio を使ってやったんですが、やっぱり色々困ったことがありました。

一番困ったのはスペアナのようなアナライザーが付属してないってことでした。

なので、急遽T-RackS Metering を使ったんですが、レベル管理は良いとしてもスペアナが小さくて見辛く、ミックスが崩壊したとです・・・笑。

20150106-1

いやぁ、まさかこんなところでつまづくとは思わなかった。慣れないスペアナ使うとなんか感覚見失う。と言うか、スペアナないとミックス出来ないというのも問題ありだがww

Logic Pro を使っていた時は純正のEQ をスペアナとして使い、MultiMeter でレベルなどを見ていました。

20140106-2

Logic Pro EQ のスペアナは反応が早くて画面も広く見やすい!!これをBitwig Studio で使わせてくれたら全て解決するんだけど笑。

ということで、察しの良い方はお気付きだと思いますが、Bitwig Studio のEQ にはスペアナ機能がないのだ!!

20150106-3

オーマイガッ!!モニタリング系全滅ではござらぬか!!ww

ということで、とりあえず視野性の良さそうなフリーのスペアナを入れてみた。

20150106-4

M/S処理もOK! 高性能アナライザー「Voxengo SPAN」 | Another Life

このスペアナは狙った帯域を拡大表示出来たりとなかなかの高機能!!ただ、やっぱり慣れていないのでイマイチ使いづらい・・・いや、こればっかりは慣れかな?

Bitwig Studio のためにアナライザーと使いやすいEQ 探しの旅に出ないといけないな。旅から帰ってきたらバージョンアップで追加されてそうだけど。

とりあえずEQ はWaves のH-EQ のセール待ち。

【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

WAVES 『H-EQ』 – マサシのブログ(笑)

おそらく、このEQ があれば僕の悩みは全て解決すると思う!!

去年の黒金で買っておくべきプラグインだった・・・

スポンサーリンク