【読んだ】 「やりがいのある仕事」という幻想 森博嗣 (著)

仕事に対する考えというのが最近多様しているように思う。

特に近頃はYouTuber といわれる方々が出ている広告で「好きなことで、生きていく」なんて書かれているけど、年功序列とか終身雇用といったものも過去のモノになっているし、そもそも、企業の存続年数が働き手の生涯労働年数よりも短いなんていうデータも見たことがある。

ただ、そうは言っても、多くの場合生きていくためには働かないといけないから、仕事というのは人生において無視できないものでもあるし、人間の抱える悩みで仕事というものが大きな要素になってきたりする。

生きる意義が仕事にあると思い込んでしまい、プレッシャーに押し潰されてしまった社会人(それも働き手としてバリバリやれる年齢)が自ら死を選ぶということが多くなっている。それだけではなくて、最近では就職活動に失敗した若者までも死を選ぶということが起きているらしい。

そもそも、僕達は(少なくても僕は)教育において仕事とはどういうものかなんて学んでいない。漠然としてイメージでしかないから、就職する前に持っている仕事に対する理想と就職した後の現実のギャップに悩んでしまうという事が往々にして起こる。

仕事は辛い

「自分の好きな事を仕事にすること」という議題が与えられると、自分の好きな事を仕事にしたほうが良いと思う人が多いと思う。ただ一方で、自分の好きな事を仕事にしない方が良いという意見も出てくる。

この両者の違いはどこからきているのか?

例えば「好きなことで、生きていく」と謳っているYouTuber を取り上げてみると、外から見ている分には楽しく好きな事をして生活出来ているように見える。ただ、それは外から見ているだけであって、実際はアンチと呼ばれる人から嫌がらせがあるだろうし、毎回動画をアップするだけでも色々な苦労が伴っているはず。

そういった苦労が積もり積もって、好きでやっていることが次第に嫌いになるということにつながってしまう。好きな事が嫌いになってしまうこと程辛いことはない。

だから、自分の好きな事を仕事にしない方が良いという意見も出てくる。

好きであろうと好きでなかろうと、働いている以上、やっぱり仕事って辛さが伴う。

そのことをよく分かっていない内に自分の勝手なイメージを持って就職してしまうから、現実とのギャップに悩んでしまう。「こんなハズではなかったのに・・・」と。

やりがいのある仕事

そうは言っても、やりがいのある仕事に就きたいというのが大多数だと思う。

でも、ここで言う「やりがいのある仕事」とは一体何なんだろうか?漠然としたイメージは湧くかもしれないが、言葉として表すのは難しい。

そもそも「やりがいのある仕事」とは多かれ少なかれ困難が伴うものではないだろうか?その困難を自分自身受け入れることが出来るだろうか?「やりがい」をイメージした時にその困難は含まれているのだろうか?

世間ではこの「やりがい」というのがひとり歩きしているように思う。そのよく分からないぼんやりとした充実感を追い求めてしまう。きっと、仕事に意味を見出したいから「やりがい」を見付けようとするのだろう。

仕事に意味を見出そうとする時に挙げる「やりがい」。そんな漠然としたものではなく、もっと単純に「金銭(給料)」と考えても良いのではないだろうか?

自分の手がけている仕事にどんな意味があるのか分からないという人も多い。だけど、「金銭」というもので既に意味は出ている。

人生のやりがい

仕事の中にムリにやりがいを見付ける必要はない。もちろん、人によっては仕事の中にやりがいを見付けることが出来るかもしれないが、それと同様に仕事の外に自分のやりがいを見付けることも出来る。

子供の頃はどうしても場所や金銭などの問題でやりたいことに制約があったけれど、大人になった今、その制約はほとんどなくなっている。

仕事以外で自分が打ち込めること、楽しいことを見付けることが出来たら、毎日がとても楽しくなるのではないだろうか?そして、そのやりたいことを支えるために働くのである。

仕事は結局のところ「交換」に行き着く。自分の時間や労力を金銭に交換する。金銭を得ることで自分のやりたいことが出来るようになるのであれば、仕事とやりたいことを交換したことになる。

そう考えると毎日楽しく過ごすことができるし、仕事に対してもポジティブになれるのではないだろうか。

大人(社会人)になると仕事を優先順位の一番上に持ってきてしまいがちになる。だから、最優先事項の仕事に対してやりがいを見出そうとして悩んでしまう。

そうではなくて、人生という大きな視点で考えることで、仕事に対する考えも変わってくると思う。

最後に

この書籍は仕事に対して著者が考えていることを書いたものなので、これが唯一の正解ではないし、書かれていることに納得出来ない人もいると思う。

仕事にバリバリ励んでいてやりがいを感じている人はこの書籍を読む必要はない。そうではなくて、仕事に対して「何か違うな・・・」などと思っている人は、ひとつの意見として読んでみると良い。

ひとつの意見として参考にしつつ、あとは自分の頭で考えろ。そういった類の書籍になっている。何かしらの解決策が提示されているわけではなく、自分の頭で考えるキッカケを与えてくれる書籍だと思う。

スポンサーリンク