【読んだ】 ワーク・デザイン これからの〈働き方の設計図〉 長沼博之 (著)

今、「働き方」について色んな議論がなされていると思う。

いわゆるブラック企業のように休みなく働くことの是非であったり、ロボットのように働かされて消費されてしまうことであったり、また、働く前の就職活動についての議論も起きていると感じる。

昔のような「安定した職」、「終身雇用」というものはなくなっているし、年金にしても十分な額がもらえるかどうか分からない。(給付年齢もどうなるか分からない)

さらに、テクノロジーの進化によって機械化が進み、多くの仕事が労働力を必要としない仕事になりそうだ。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

しかし、テクノロジーの進化によって起こるのは仕事がなくなるというデメリットだけではない。ワークプロセスそのものの転換によって「個」の力が今までよりも大きくなる。

ロボットの躍進

今、町中でロボットが人間の代わりをしているというのをあまり目にしないかもしれないが、それは必ずやってくる。それも遠くない将来に。

まだロボットが主流になっていないのはコスト面の問題であって、そのコストさえ下がれ問題はクリアーになる。この書籍では色んなロボットのことが書かれているが、すでに導入することで人間よりもコストを削減出来るところまできているのが分かる。

ロボットについては主に産業用がイメージとして湧くが、ファーストフード業界、医療業界など本当に多岐に渡る。ホスピタリティについては人間の分野だ!と思っていても、実はこの業界もロボット化の流れがあったりする。

澤田秀雄氏インタビュー|ハウステンボス スマートホテル|Monthly Interview|HH News & Reports|ハミングヘッズ

もちろん、まだロボットが主流になっている訳ではないのだが、企業が効率化を目指す以上、ロボット化の動きは加速していくと思われる。

機械ができる仕事を人間が行うということ

企業は競争力維持のため効率化をはかるが、そのために働き手への負荷が増大していると思う。まるで人間として見ておらず、ロボットのように扱っているのではないか?とすら思う方もいるのではないだろうか。

Amazon倉庫で身分を隠して働いた記者が語る「過酷な労働環境」とは? – GIGAZINE

しかし、大きな雇用を生むということは、その仕事自体、多くの人が出来る仕事でなくてはならない。高度な専門分野を必要とせず、誰でも出来る仕事。ただ、それらの多くはロボットで代えがきいてしまう。

Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ – GIGAZINE

つまり、ロボットが出来るような仕事を人間が行うと、人間がロボットのように扱われてしまうのだ。

機械に出来ることは機械に任せて、人間は人間にしか出来ない創造的な仕事をする。これがこれからの働き方にとって大切なことなのだろう。

ただ、雇用を奪うのは何もロボットだけではない。

クラウドソーシングとグローバル化

ロボットがやるのは難しいであろう知的産業では、クラウドソーシングによるコスト削減の流れが起きている。インターネットによるグローバル化により世界中の人材に容易にアクセス可能となり、知的産業でさえも、人件費の安いところへ流れているのだ。

もちろん言語の問題はあるだろう。

しかし、その言語についてもリアルタイムの自動翻訳機能などによりクリアーされるのではないだろうか?ここにもテクノロジーの発達が絡んできている。

Microsoftがリアルタイムで音声翻訳が可能な「Skype Translator」を年末にリリース予定 – GIGAZINE

グーグル翻訳アプリに「同時通訳」機能、カメラ翻訳も – WSJ

テクノロジーの進化によって働き方が変わる

上記までを読むととても暗い話に思えてくる。実は、過去に機械化が進んだことで機械破壊運動が起きている。

ラッダイト運動 – Wikipedia

このままテクノロジーが進むことで、この方々と同じ感情を抱く人が出てくるかもしれない。

しかし、こうしたテクノロジーの進化によって、3D プリンターなどのデジタルファブリケーション、アイデアを売るプラットフォーム、コワーキングスペース、クラウドファンディングなど、働き方を変えるインフラが続々と登場している。

これらは全部「個人」に焦点が当たっており、これからは個人の力がどんどん大きくなる。企業側から個人にアクセスしてくることも多くなるだろう。

また、先述したクラウドソーシングは何も企業だけが利用するのものではない。自分が不得意なことをアウトソースすることも出来る。

ひとつの企業に属しながら、コストをかけることなく副業的に何かを始めることだって可能だ。

この書籍はロボット化などの暗い話に焦点を当てているわけではない。それは近い将来起こりうる事として捉えつつ、インフラを用いた新しい働き方の実例や未来の展望を交えながら、自分達の働き方を再考する手助けになる書籍だ。

仕事に対して不安を抱えている方は一度手にとってみて欲しい。

新しい時代をネガティブに捉えることなく、今何が起こっているのかをしっかりと理解し、自らに可能性を見出していけるのではないだろうか。

スポンサーリンク