【読んだ】なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか? 田口智隆 (著)

突然だが、皆さんはご自身の中で基準をお持ちだろうか?

食事や就寝起床時間、お金の使い方、人付き合いなどで自分が「しないこと」、「すること」をきとんと決めて実践している人というのはあまり多くないように感じるが、基準がないと周りに流されたり、怠惰な生活を送る結果となってしまう。

基準に関しては人それぞれ自分に合った基準を持てばいいのだが、良い基準を持っているかどうかで結果も変わってくるのではないだろうか。

基準がなかった自分の失敗談

僕もつい最近まで基準を持たずにいた。

その結果、セール情報を見る度に音源やプラグインについてアレも欲しいコレも欲しいという状態になってしまい、結果としてまったく使わないモノで溢れかえっていた。

例えばマルチ音源について、僕はKONTAKT、INDEPENDENCE PRO、HALion、SampleTankとマルチ音源コレクターかよ!!と突っ込みが入るくらいに所持している苦笑。もちろん各々買う理由があったとは思うのだが、今となってはあまり思い出せない。

今は自分のやりたい事が明確なのでセール情報を見ても心が揺れることがないのだが、基準を持っていないと周りに流されてどんどん買ってしまいがちだ。

基準があると迷いがなくなる

上記はDTM に関して基準がない時の失敗談を書いたが、DTM だけではなく毎日の生活で基準を持つことが大事だと思う。

この基準があると、何か選択しないといけない場合でも基準に従えばいいのだからほとんど迷うことがない。これが基準を持つことの最大のメリットだと感じる。

「毎日の生活で基準を持つことが大事」と書いたが、食事や人付き合い、金銭などなど、スマートな選択が出来るような基準を持つようにしよう。

例えば、肥満になりたくないのであれば、就寝の3 時間前までには食事を終えるとか、お腹いっぱい食べないとか、そういった基準が思い浮かぶのではないだろうか?そういった基準を持って実践するかしないかで、自ずと結果が変わってくる。

基準がなかなか決められない方へ

とは言っても、いきなり基準を決めるなんて面倒だし、どういった基準を持てばいいのかも分からない方がいるかもしれない。

そういった場合は、自分の中で「やらないこと」だけでも決めておこう。例えば、僕は不満ばかり口にする人や依存されろうな人とは関わらないといったやらないことを決めている。

そういったやらないことをひとつひとつ積み重ねていくことで、基準も定まってくるのではないだろうか。

また、失敗から学ぶということも是非やって欲しい。僕がマルチ音源コレクターとなった失敗を活かしているように・・・笑。

最後に

なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか? では、お金持ちにスポットを当てて、そういった方々がどのような基準を持っているか?という例が分かりやすく書いてある。

それらの基準は誰でも簡単に実践出来ることで、どれも参考になると思う。ちなみに、僕が歯科に行きだしたのは、この書籍で歯のメンテナンスについて書かれていたからだ。前々から行こうとは思っていたけれど、及び腰だった僕を通う決心を付けさせてくれた書籍だ笑。

お金持ちとは結果を出している人と読み変えることが出来るので、どんな方にもオススメの書籍ですよ。

スポンサーリンク