「今に全力を尽くす」ことは「自分の選んだ選択を正解にする」ということ

日々の生活ではさまざまな選択を迫られる。それは何を食べるか?という小さな選択から、仕事を続けるか辞めか?といった大きな選択まで幅広い。

小さな選択は日々の生活ではさほど意識していないけれど、大きな選択となると「どうしようか・・・」と思い悩んでしまう。また、思い悩むがゆえ、過去の自分に後悔してしまったり、未来の自分に心配してしまう。

過去の自分を悔いても現状は変わらないし、未来なんてこれだけ流れが早い時代では完璧に予想出来る人なんていない。

選んだものを正解にするために今を生きる

人間誰しも「失敗したくない」と思っている。そう思っているからこそ、大きな選択に慎重になる。

もちろん慎重に選択するのは大事な事だと思う。ただ、慎重になりすぎてしまい、その場で立ちすくんでいる人はいないだろうか?

選択したものが正解かどうかなんて分からない。分からないからこそ、今を大切に生き、目の前に来ていることに集中し、懸命に取り組み、自分が選んだ選択肢を正解にしていくことが大切だ。

過去を悔いるのは、その時の「いま」をしっかり生ききっていなかったからだ。
未来が心配なのは、「いま」やっていることに自信がないからだ。

どうしても人は「自分の選択は合っていたのだろうか」、「他にもっと良い選択はなかったのだろうか」などと、一度選択しても他の選択肢を探してしまう。

これでは今を生きているということにならない。

他の選択肢を探すことに力を使わずに、目の前のことに全力で取り組もう。

また、人によっては、どの選択肢も最低にしか見えない場合があるだろう。最低にしか見えない選択しかなかったとしても、その中に必ず最高に繋がる綱があるはずだ。もちろん、その綱は最初は最高に繋がっているなんて分からない。

その綱しか掴むものがないという場合もある。

それでも、今を生きる事でその綱が後々自分にとって良いものだということが分かるようになる。結局は今を生きていないと、その綱すら腐ってしまう。

今を生きて、自分の選んだ選択を正解にしよう。

スポンサーリンク