ゲームで遊ばないような奴に明日はない by AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である (著)成毛 眞

突然だが、僕の家庭用ゲーム歴はドリキャスのシェンムーで止まっている。シェンムーが発売されたのが1999年ってことは、もう僕は15年以上ゲームを一切やってこなかった訳だ。

もちろん、その間ゲームしたいなって思ったことは何度もあった。

ただ、僕の中でゲームが“ただ単に時間を浪費するもの”という位置付けになってしまってた上に、他にも色々やりたい事があったので、ゲームに手を出したらマジで人生終わるぐらいの気持ちを持ってた。

ところが・・・だ。

そんな僕がゲームを買ってしまったのだ!!

家庭用ゲームであってもスマホのゲームであっても、ゲームというのは最新のテクノロジーを実感出来る最も身近なモノ。

最近よく聞くVR だって、プレステで身近なものとして(品薄ではあるが)体験出来る。スマホのゲームに至っては、スマホに組み込まれているセンサーを駆使することで、今までと違ったゲーム体験を実感できる。

ゲームをやらない人っていうのは、これらのテクノロジーにえらく鈍感になってしまう。時代遅れのオッサンの出来上がりって訳だ。

これではいけない。

おっさんになればなるほど、自ら新しいモノに触れたり新しいことにチャレンジしなくなってしまう。

ちなみにこれはゲームに限った話ではない。

僕が音源やプラグインを買い控えていた状態からバンバン買い漁るようになったのも、DTM の世界の発達をこの手で触れたいからだ。

他人の目を気にすることなく、お金の許す限り欲しい機材やプラグインは買いまくれ!!

世の中はどんどん便利になっているのに、未だに古いやり方を重んじるようなおっさんにはなりたくない。

時代は動いている。僕と一緒にゲームをしよう。

スポンサーリンク