スムーズなコードチェンジを求めて

日課のギターの基礎練習。先日書いたようにコードチェンジの練習をしているんだけど、パワーコードオンリーで生きてきた僕には難しい。

ギリギリまで音を伸ばしつつコードが変わる時に瞬時にキュッ!!と切り替える訳だけど、意識すればするほどモタったり早くなったりカオスなことになってくる・・・こ、これしきのことが・・・

20140430-1

特に書籍上でいうとA(onC#)。このオンコードがマジでいかん苦笑。


パワーコードオンリーで生きてきた僕はこの手のコードを人差し指と小指、もしくはそれに薬指を用いて2〜3 弦で鳴らしてた。

20140430-2

このやり方だとすごい楽で「ギター弾いちゃってるYO!!ベイベー!!」状態だった。余った指はどこか適当に置いてミュート出来るような状態にしてたんだけど、このやり方ではなくて指4 本同時に瞬時に押弦しないといけない。

20140430-3

これ、マジで指がプルプルするんですが笑。

僕のバンドのメンバーはいつもこういう押さえ方してた。よくこんなのシュッ!!とコードチェンジ出来るなぁ・・・華麗なコードチェンジを身につけて人並みに安定した演奏が出来るようになりたい。

コードチェンジとは直接関係ないかもしれないけど、こういったフレーズの変わり目で僕はトチる傾向がある。なんか慌てちゃって力入ってヨレたりするんだよね。左手だけじゃなくて右手もヨレるので絶望を感じてるんだが苦笑。

「ローマは一日にして成らず」という言葉があるように、色々考えてギターの練習をしていかないとね。

スポンサーリンク