2015 年 2月のどん底活動報告

4 月から本気出す!!

あっ、どうも。どん底DTMer Yuuki-T です。

ちと、3 月に入ってから一気に花粉にやられておりまして、お薬飲んだら強烈な睡魔に襲われたりとふんだり蹴ったりの状態です。3 月から本気出そうと思っていたのですが、どうやら本気出す時期が4 月にずれ込むようですね。

ってことで、先月の活動を振り返っていきたいのですが、その前にお知らせがあります。

ブログに書いていることが雑多になってきて、今何をやっているのか?など、ひと目で分かりづらくなったと思いますので、メニューに「取り組んでいること」を急ぎ追加しておきました。

【2015 年版】 僕がやっていること、やろうとしていること | どん底からの音楽生活

今後加筆するかもしれませんが、毎月の活動報告と合わせて見て頂くと面白さが0.00000000000001 % UP だと思われます。

ってことで、先月を振り返っていきましょー!!

バンド

先月はバンドとしては転機でしたね。

【バンド活動 20150227】 ゼロから始めることになった | どん底からの音楽生活

どうも2015 年に入ってから、上手く進んでいるのか進んでいないのかよく分からない手探りな状態が続いています。経験上、バンドが機能しなくなるのは、このような転機の後にやってくるので、実は内心ガクブルです。

先月はドラムを探していましたが、その間に「今はいったんドラムを探すのは辞めよう」という話が出てきたり、そうかと思いきや「やっぱり探そう」という話になったりと、この1ヶ月の間に結構ブレてます。

上記記事の通り、持ち曲も現在はゼロの状態です。

曲をナシにした経緯は、曲がメンバーに合っていないということに起因しますが、僕の中でどういう曲を作ればいいのか固まっておらず、また、固まったとしても自分に作れるのかどうか?という課題が立ちはだかっています。

あっ、ギターが弾けるのかどうか?という問題もあるな笑。

今の心の中は、皆で作ってどういう曲が出来上がるのか、期待と不安の半々ですね。

このように全てにおいて手探りな状態ですが、自分に出来ることは忠実に取り組んでいこうと思っています。足りない部分はメンバー間で補完しあいながら取り組んでいかないとね。

バンドで使わなくなった曲はブログ上で聴けるようにしようと思います。その前に歌ってくれる人を探さないといけないけど・・・バンドのデモのナンバリングを見るとNo14 まであるので、10 曲くらいは眠ったままになってます。

てか、アルバム出来るんじゃね?www

個人活動

先月はNative Instruments のMASCHINE をバシバシ叩きまくっていました。

いやぁ、MASCHINE 本当に良いですよ!!マジで楽しい!!

僕は昼夜逆転しているので起床はド深夜なんだけど、 起きてからずっとMASCHINE 触って気付いたら太陽登ってるっていうのがザラにある。なんかすごいのめり込めるよ。

気合入れてMaschine Studio にしておいて良かった。基本的に本体のみでいけちゃうので、体の疲労感もあまりないんだよね。

今は他のDAW に移すことなく、Maschine で最後まで完結しちゃってる。

ただ、昼夜逆転している影響でミックスする時間が朝のみ(モニターから音聴きたいので)なので、バンドの曲とか色々やっているとミックス出来なくてアップ出来ていない曲がチラホラある。

後日ミックスしようと思っていると、自分の中の鮮度が落ちて「まぁいいや」とかなっちゃうんだよね苦笑。ここら辺をなんとかしないとなぁ。

冒頭に書いたように4 月から本気出すので、今月もこのままMASCHINE をいじくり倒そうと思う。

ブログ

先月のPV などはこちら。

20150306-1

PV とかは上記の感じ。先月は何書いたか、あんま覚えてない。

ゲーム制作

「取り組んでいること」に書いてあるように、今年からゲーム制作も始めてみた。

先月はいきなりenchant.js の記事が上がってきて「何だこれ?」と思われた方も多いと思う。今はHTML5 + JavaScript フレームワークのenchant.js で作ってるんだけど、今は以下書籍のシューティングゲーム制作の項目に入ってる。

この書籍の前に、JavaScript について以下の書籍で勉強した。

上記書籍はHTML とCSS に関してもふれられているので、初心者の僕でもスンナリと理解出来た。

enchant.js で作ってブラウザ上から誰でもプレイ出来るようにしたいね!!

おしまい

ってことで、今月もこのままのペースで続けていこうと思います。

<参考>

個人で活動している皆様、看板とメニューをきちんと書いていますか?

”物語”を作り、巻き込むという方法

スポンサーリンク