横向きの親知らずは抜いてからが本番だ!!抜糸までの奮闘ぶり

全力ギタリストYuuki-T です。

1週間程前、ラスボスと命名していた横向きに生えている親知らずを抜歯しました。

親知らずを抜いてきた 恐怖の3本目 – どん底からの音楽生活

上記記事は親知らずを抜歯した当日に「やっと親知らずを全部抜ききった・・・」と安堵しながら書きました。そう、この後に地獄が待っていることも知らずに・・・苦笑。

抜歯後の様子

今回は骨を削っているので、医者からは「絶対に腫れます」と言われていました。

ただ、初めての経験だったのでどれくらい腫れるのか?とかイメージが付かなかったんですよね。痛みや腫れも人によって変わってくるでしょうし、抜歯した当日も余裕だったのでそのままギター教室に行ったりしてました笑。

抜歯翌日

翌日は昼過ぎに歯科に行って患部の消毒。

この時は「ちょっと腫れてるなぁ」と分かる程度。感覚的にも抜いた左側が少し引っ張られているような感じでしたが、個人的に余裕のヨッちゃん(死語)でした。

ただ、夜になってから患部がガッツリ腫れてきて・・・

左側だけ顔の輪郭が四角なんですよ!!笑。

この時に一番困ったのが食事。患部が腫れているからか、口を閉じようとすると肉が奥歯に挟まって閉じれないんですよ。なので、モノを噛むことが出来なくなり、翌日から朝はゼリー、昼と夜は雑炊という食事になります。

ちなみに、口を大きく開けることも出来ません。終始半開きの状態ですね。

抜歯から2日目以降

ここから毎日朝はゼリー、昼と夜は雑炊という食事が続きます。これは抜糸するまで続きました。

毎日このような食生活だと体に力が入らなくなる。さらに悪いことに、ガッツリ腫れてきたタイミングで発熱まで付いてきました苦笑。

「このタイミングで風邪かよ!!インフルエンザじゃないだろうな・・・」とマジで心配した。この時が一番キツかったですね。体は風邪引いてダルくて力が入らない上に、抜歯の影響でろくに食べることも出来ないので涙。この辺りから栄養ドリンクにも手を出します。

栄養ドリンクを束で買ったの久しぶりだった笑。

夜に寒気がするので寝巻きを2 重に着たりしてやり過ごしているうちに、数日経って熱は引きました。もしかしたら、抜歯による体のダメージの影響で発熱したのかも。親知らずを抜歯した色んな方のブログを見てたら、発熱している人がチラホラいたので。

食事の次に困ったのが就寝。

寝てると自然に口を閉じてしまい、口の中を噛んで痛さで目を覚ますというのを毎日繰り返していました・・・このため、毎日が寝不足の生活。ご飯もろくに食べれず風邪も引き、さらによく眠れないという3 重苦にあっていました。

患部の腫れは4 日目辺りが一番のピークだったかな。そこから緩やかに腫れが引いていき、1 週間後には見た目ではほとんど腫れが分からないようになりました。痛み止めは抜歯した後の麻酔が切れるタイミングで1 度飲んだだけですね。

僕のところは抜歯後1 週間で抜糸しました。

抜糸後、口を閉じると肉を噛むというのもなくなり、ここからようやく普通の生活に戻れました。

嚙める喜び!!

文章にすると軽く感じるかもしれないけど、抜糸後はかなり悲惨な生活を送っていました。曲作りとかほとんど手に付かなかったので笑。

親知らずは人によって生え方が違うので術後の経過も人によって違ってくると思うんだけど、働きながらだと絶対ムリだと思った。ある程度休みを取った上で行わないとかなりキツイと思う。特に接客業は顔が変形するので余裕を持って休みを取った方が良い。

今は自分の歯でモノを噛んで食べれる喜びを感じています。抜糸までの1 週間、噛むことが出来ずに毎日ゼリーや雑炊をすすっていた経験を通じ、やっぱり歯は大事だ!!と再認識した。

これからも定期健診など、歯医者に通おうと思う。

みんなも是非一度健診に行ってみてくれ。

スポンサーリンク