ギターの特徴である異弦同音を考慮してフレーズを組み立てよう!!

全力ギタリスト Yuuki-T です。

ギターという楽器の特徴として、鍵盤とは違い「同じ音程が出るポジションがいくつも存在する」ということが挙げられます。異弦同音と言われているやつですね。

異弦同音/用語集-初心者のエレキギター選び

「同じ音程が出るポジションがいくつも存在する」ということを考えると、自分が弾くフレーズのポジションをどこにするか?というのが問題になってきます。おそらく、多くの人が「弾きやすいポジション」を優先するのではないでしょうか。

ただ、弦の太さによって出音のトーンが変わってしまいます。そこで、弾きやすいポジションだけを考えるのではなく、そのフレーズに最適なトーンが出るポジションをまずは考えてみましょう!!

ポジションによって音の印象が変わる!!

「同じ音程が出るポジションがいくつも存在する」というのが異弦同音。例えば、2 弦6 フレットと3 弦10 フレットは同じF (ファ)の音程です。

F 音を中心にフレーズを弾こうとした場合、2 弦6 フレットでも3 弦10 フレットでも音程は同じなんだからどっちを弾いても別に良くね?と思われそうですが、先程も述べたように弦が変わるとトーンが変わるので、音程は同じでもフレーズの印象が変わります。

※2 弦6 フレットのF を中心に1〜3 弦を使用

※3 弦10 フレットのF を中心に2〜4 弦を使用

上記は自作曲のギターのシーケンスフレーズを異弦同音で弾いたものです。アンプをカラッとしたセッティングにしていますが、1〜3 弦を使用したフレーズはギラギラして軽く聴こえるのに対し、2〜4 弦を使用したフレーズはより太くマイルドな印象です。

確かに音程は同じですが、このようにポジションによって音のトーンが違うというのが分かるかと思います。

フレーズに最適なポジションを考える

ここで考えたいのが、「このフレーズに最適なトーンは何だろ?」ということです。

音が太い方が使いやすそうに思いますが、その太さが邪魔な時もあります。上記のシーケンスフレーズの例で言うと、色んな音がガチャガチャと鳴っている中で弾くのであれば、太さよりもギラッとした音の方が抜けが良くなるということで1〜3 弦を使用してフレーズを組み立てるでしょう。

逆に音数が少ないのであれば、太さのある2〜4 弦を使用してフレーズを組み立てるかもしれませんね。

大事なことは、ポジションが変わればフレーズの印象も変わるということ。少しの差ですが、楽曲に合った音の出るポジションを考えて弾くことで、自身のプレーの説得力も増すのではないでしょうか。

最後に

これまでトーンを優先してポジションを考えることが大事だと述べてきました。ただ、そればかり考えて難解な運指になるようなポジションで弾くのは論外です。

自分がきちんと弾ける範囲で、出音を意識しながらフレーズを組み立てていく。こういった意識を持つことでギターがより身になるんじゃないのかな、と思っています。

スポンサーリンク