Logic Pro X アルペジエータの「Grid」モードでシーケンスを作成する

全力ギタリスト Yuuki-T です。

Logic Pro X のアルペジエータについて、前回は「Live」モードでステップ入力するような感覚でシーケンスを組み立てました。

Logic Pro X のアルペジエータの「Live」モードでステップ入力でシーケンスを作成 – どん底からの音楽生活

今回はLogic Pro X アルペジエータのもうひとつのモード、「Grid」モードでシーケンスを組んでみたいと思います。きっと、こちらの方が操作的に親しみやすいと思いますよ。

「Grid」モードでシーケンスを組もう

アルペジエータの「Pattern」ボタンをクリックすると、「Live」モードか「Grid」モードを選択することが出来るパターンパラメータが開きます。

20160409-1

この2 つのモードの大きな違いは、ライブ入力にシーケンスが追従するかどうかだと思います。例えば、「Grid」モードはどんなベロシティで入力しても、グリッドパターンのベロシティに置き換わりますが、「Live」モードではベロシティは入力に伴い変わってきます。

グリッドパターン(シーケンスパターン)も「Grid」モードでは固定なのに対し、「Live」モードでは可変です。(※「Live」モードはLatch のモードによって振る舞いが変わります)

楽曲内で使う場合は基本的に「Grid」モードの方が使いやすいでしょう。

シーケンスの組み方

「Grid」モードでは下記のようにマウスで音を出したいステップをON/OFF しながら、シーケンスを組んでいきます。

20160409-2

Logic Pro X のアルペジエータの特徴のひとつとして、コードの発音も制御することが出来ます。例えば、「ドミソ」とC コードを入力してアルペジエータでコード分解していたとしても、コードモードがON のステップではC コードとして和音が発音されます。

もちろん、一般的なアルペジエータであるところのベロシティの制御やタイ入力(ステップをドラッグして行います)なども行えますよ。

また、ステップ数は下部のバーをドラッグすることで調整出来ます。

20160409-3

もちろん、グリッドパターンのプリセットも豊富に揃っているので、そこから選んで微調整するという方法もアリですね!!

「Live」モードのシーケンスを「Grid」モードで取り込む

さて、前回は「Live」モードについて書きましたが、この「Live」モードの欠点としてシーケンスパターンの編集が出来ない点が挙げられます。

パターンを編集したい場合は、「Live」モードのパターンを取り込みながら「Grid」モードに移行しましょう。

20160409-5

上記のように矢印をクリックすることで、パターンを取り込みながらモードを移行出来ます。「Grid」モードで細かくパターンを編集して、シーケンスのMIDI データをプロジェクト内に取り込むことも出来ますよ。

また、「Live」モードと「Grid」モードは独立しているので、「Grid」モードでパターンを取り込んで編集したとしても、「Live」モードのシーケンスパターンは残ったままです。

最後に

というわけで、2回に渡りLogic Pro X アルペジエータの各モードについて書きました。正直、文章で説明するのは難しいので、記事を見ながら実際に手で触ってもらえると理解が深まると思います。

基本的には「Grid」モードを使うことが多いと思いますが、「Live」モードで適当に弾いてたら良いフレーズが出来た時は、「Grid」モードで取り込んでフレーズを追い込んだり、そのままプロジェクトにシーケンスパターンを取り込むと良いと思います。

「Live」モードは偶発性、「Grid」モードは計画性・・・みたいな感じでしょうか笑。

Logic Pro X のアルペジエータについて他にも書きたいことがあるので、もしかしたら、またアルペジエータの記事が投下されるかもしれません。それだけ、このアルペジエータは多機能なんですよね!!

スポンサーリンク