Logic Pro X の付属リバーブのそれぞれの特徴を掴もう!!

全力ギタリスト Yuuki-T です。

初めてDTM で曲を作るという方にはLogic Pro X がオススメです。Logic Pro X についてはなんやかんや言われていますが、それでも他のDAW と比べてバランスが良いと感じるんですよね。

ただ、使うにはMac を買わないといけないという制約があるので、Win ユーザーの方は一気にハードルが高くなってしまいますが・・・笑。

Logic Pro X は付属されている音源やエフェクトが結構な数入っているのが特徴です。ということで、今回は付属されているリバーブについて書いていこうと思います!!

4 種類のリバーブが付いてくる!!

実はLogic Pro X には4 種類ものリバーブが付属されています。

20160421-1

リバーブだけで4 種類も付属されていると、最初はどのリバーブを使えばいいのか迷ってしまいます。特にDTM を始めたばかりの方には、これだけ付属されていてありがたいと思う反面、逆に煩雑になってしまうかもしれませんね。

ただ、それぞれのリバーブの特徴さえ掴んでおけば、適材適所で使い分けていくことが出来ますよ。

基本的なリバーブ PlatinumVerb

リバーブの使い方が記された解説などを見ると「初期反射音」とか「プリディレイ」、「サイズ」など色んなパラメータが出てくると思います。それらはリバーブを使う上での基本になりますが、それら基本的なパラメータを完備したのがPlatinumVerb です。

20160421-2

PlatinumVerb は初期反射音とリバーブテイルを別々に編集出来るのが特徴で、実際の部屋なりに近いリバーブを作り出せる基本的なリバーブエフェクトと言えます。

このPlatinumVerb は基本的なリバーブのため、ほとんどのケースをカバー出来ます。ただ、詳細に設定できる反面、設定出来るパラメータが多く、リバーブに慣れていない初心者の方には扱いづらいという面もあります。

簡易的なリバーブ SilverVerb

先程紹介したPlatinumVerb は慣れていないと設定が難しいという面がありましたが、それを簡易化することで解決したのがSilverVerb です。

20160421-3

簡易化したことで「初期反射音」と「リバーブテイル」を別々に編集出来ませんが、リバーブを使う上で触ることが多いと思われるパラメータしか備わっていないので、ものすごく設定が簡単だというメリットがあります。また、他のリバーブにはないLFO 機能(リバーブのモジュレート)が備わっています。

SilverVerb はリバーブに慣れていない方や、サクッとパートにリバーブをかけたい時(例えば、楽曲の中で浮いているパートを後ろの引っ込めるなど)にベストな選択になると思います。

エフェクティブなリバーブ EnVerb

デジタルリバーブとしては上述したPlatinumVerb、SilverVerb で十分ですが、Logic Pro X にはリバーブを含めた音作りを積極的に行うことが出来るEnVerb(エンベロープリバーブ)が付属されています。

20160421-4

このEnVerb の特徴は、何と言ってもリバーブ成分のエンベロープを直接編集出来るところですね!!リリースを切ることでバスッとしたゲートリバーブを得ることが出来ますし、アタックを緩やかにして後から付いてくるようなリバーブを得ることも出来ます。

20160421-5

エンベロープを設定出来ることで、他にも色んな効果的なリバーブが考えられるでしょう。リバーブ自体の設定出来る項目は決して多くないですが、エフェクティブなリバーブを設定したい場合に効果的なエフェクトと言えます。

コンボリューション・リバーブ Space Designer

これまで紹介してきたリバーブは全て自分でリバーブ成分を設定する必要がありました。ただ、デジタル処理によるものなので、どうしてもキャラクターは一定で質感の違いなどが出しづらいと言えますし、設定そのものも面倒です。

そういった設定面倒さや質感の違いが出づらいという問題を解決したのが、コンボリューション・リバーブSpace Designer です!!

20150421-6

コンボリューション・リバーブとはIR (インパルス・レスポンスと)いう残響音を捉えたファイルを読み込んで解析することで、同じ空間をシミュレーションして残響を付加しようというリバーブ。有名なコンサートホールやレコーディングスタジオなどと同様の響きが簡単に得られるものです。

普通に使う上では、IR を読み込ませてそのまま使えばいいのですが、Logic Pro X のSpace Designer ではEQ 処理やリバーブのボリューム、密度などにエンベロープを書くことが出来ます。

そういった細かい設定も出来ますが、基本的にはプリセットそのままで使うのがいいのではないでしょうか。

最後に

上記までのようにLogic Pro X には4 種類のリバーブが付属されており、そのいずれも特徴的です。

基本的にはPlatinumVerb、Space Designer を使っていくことになると思いますが、サクッと使いたい場合はSilverVerb、エフェクティブなリバーブはEnVerb と使い分けていくといいでしょう。

このように、Logic Pro X には多様なエフェクトが付属されているので、DTM の入門として優れているDAW だと思います。

スポンサーリンク