Logic Pro X のノートリピートでイカしたハイハットを刻もうぜ!!

いぇ〜い!!音楽活動楽しんでるぅ〜??

音楽楽しいぜベイベーギタリストYuuki-T(@project0t)だぜ!!

前回はLogic Pro X のブラシツールを紹介しました。

Logic Pro X でブラシツールを使うときはShift キーを活用しよう!! – どん底からの週末音楽生活

ビートメイキング時にピアノロール内でセッセとエディットする人には向いていると思うんだけど、サイクル録音しながらリアルタイムでビートメイクする人にはブラシツールは物足りなく感じると思うんですね。機械的な打ち込みになりやすく、ノリを感じながら打ち込むのには向いていないので。

そこで!!そういう方に是非使って欲しいのが、今回紹介するノートリピート機能であります!!

ノートリピートでノリよく打ち込もう!!

そもそも、僕はMaschine でリズムを構築することが多いんですが、その時にノートリピートを使うことが多いです。まぁ、一種のアルペジエータですね。それとほぼ同等の機能を有するノートリピートがLogic にも備わっています。

20160910-1

なんじゃこの質素なインターフェースは!?と思いきや、上画像の矢印を押すことで詳細設定が開きます。

20160910-2

レートやベロシティをリアルタイムに制御しよう!!

ある一定の間隔でノートを打ち込みたいのであれば、ピアノロールのブラシツール一発でまかなえるので、わざわざこのノートリピートを使う必要はありません。

このノートリピートを使う利点はリアルタイムに打ち込むノートのレートやベロシティを変えて、イキの良いフレーズを直感的に打ち込むためにあります!!

20160910-3

軸となるレートやベロシティを決めておいて、例えば16分の刻みから32 分へ・・・といったように、MIDI CC でリアルタイムにパラメータを切り替える事が出来ます。もちろん、ベロシティやゲート(デュレーション)も同様です。

ただ、ベロシティやゲートに関してはモジュレーションでコントロールしても良いのですが、レートに関してはキーリモート機能を使って欲しい!!

20160910-4

簡単に言えば、キースイッチです。MIDI ノートでリズムのレートをリアルタイムに切り替えれるんですが、こっちの方が断然使いやすいと思います。Maschine と同等のノートリピートがキーリモート機能で実現しますよん。

ハイハットだけではなくて他のパートにも!!

個人的にノートリピート機能を使う機会がハイハットにほぼ限定されているので、このような書き方をしてきましたが、もちろん他のパートにも使えますよ!!単音、和音関係ないので、例えば和音の刻みなんかもノートリピートで一発であります!!

20160910-5

上記ではベロシティとゲートはモジュレートさせずに固定させて、レートだけ変えています。このように一部のパラメータを固定するという使い方も面白いと思いますよ。

全ては工夫次第だね。

終わりに

SoundCloud とかで外人のトラックをよく聴くんだけど、どのトラックもハイハットの刻みに特徴があるんですよね。所々に細かい刻みを入れてリズミカルに聞かせているのが多い印象で、僕自身もそのようなリズムが好きです。

そのリズミカルなフレーズは恐らくノートリピート機能を使っているんじゃないかな?YouTube で外人のビートメイク見ても、結構な頻度でノートリピートを使っています。

ちなみに、Logic Pro X でノートリピート機能を使いたい場合は、キーコマンドから呼び出す or ツールバーから選択して下さい。ツールバーが表示されていない場合は、グローバルメニューの「表示」→「ツールバーを表示」を選択してね。

20160910-6

これでイカしたトラックをバンバン作っていこうぜ!!

んじゃ、またね☆

スポンサーリンク