Mac にも暑さ対策を!!Macs Fan Control でファンを制御する

全力ギタリストYuuki-T です。

最近、暑すぎやしませんかね・・・

5 月とは考えられない暑さが続き、エアコンをすでに稼動している方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに、僕はまだギリギリのところでエアコン稼動は踏みとどまっています笑。

ただ、人間は耐えることが出来ても、愛用のマシンは耐えられないかもしれません。

僕は外付けHDD がむき出しということもあり、この時期になるとサーキュレーターをフル稼働させています。

どん底からのDTM生活 ~リターンズ~: Mac 周りの排熱をなんとかせよ!!サーキュレーターで空気を循環

Mac や外付けHDD 周りの空気を循環させるだけでも、結構熱のこもりが解消出来ますよ。特にHDD は熱に弱いので積極的にこのような熱対策をしたいところです。

ただ、使用しているMac mini の小さな筐体では、周りの空気を循環させても熱が内部にこもりがち。ファンを適切に回してMac 内部の排熱もきちんと行いたいところです。

Macs Fan Control でファンを制御して排熱する

今まではsmcFanControl というファンを制御するアプリを入れて運用していたんですが、どうも最近開発が進んでおらず、El Capitan で動くか分からなかったので、別のファンを制御するアプリを入れました。

どん底からのDTM生活 ~リターンズ~: Mac mini Late2012 のファンを制御する

僕が入れたのはMacs Fan Control です!!

Macs Fan Control – control fans of any Mac & Boot Camp! | CRYSTALIDEA Software

このアプリの良いところは、内部の各パーツの温度をセンサーを使って採取し、その温度をトリガーにしてファンの回転を制御出来るところですね。

20160524-2

適切な値というのは機種や作業内容で変わると思いますが、僕はCPU 1コアの温度が70℃ を超えだしたらファンが蠢きだすような設定にしています。ここら辺は経験則になりますが、1 コアの温度が80℃ を超えないような設定を狙っています。

実は以前smcFanControl を使っていた時は、常時3000 回転ぐらいでファンを回しっぱなしにしていました。

ただ、ファンも結構な消耗品らしく、ずっと回しっぱなしというのはどうなのかな?という想いがあり、今回はトリガーで制御しています。まぁ、どちらにしても曲作り始めたら結構な勢いで回るんだけど笑。

一番の熱対策はエアコン!!

サーキュレーターでの機材周りの空気のよどみの循環や、ファン制御アプリによるMac の排熱などなど。人それぞれ色んな熱対策があると思うんだけど、一番の熱対策はエアコンを付けることです笑。

ここら辺はケチらずに、機材のためと思ってエアコンを投下する勇気を持ちましょう!!(などと、エアコンを投下していない僕が言ってみた。

最後に

僕はMac mini であの小さな筐体でクアッドコアという、結構熱が心配になる機種を使っているので、「暑いなぁ・・・」と思ったらサーキュレーターぶん回して風を送るようにしています。

しかも、静音よりも風量重視、風量よりも静音重視のサキュレーター2 台体制だからね!!笑。

これと並行してファン制御アプリを使っている感じです。夜はファン制御アプリを止めている(システムに任せる)時もあるけどね。

みんなも各々の熱対策をして、この暑い時期を一緒に乗り越えよう!!

スポンサーリンク