Maschine 2.7 アップデートでオーディオのリアルタイム・タイムストレッチが可能に!!

いぇ〜い!!音楽活動楽しんでるぅ〜??

みんな大好きご利益ギタリストのピロ太郎(@project0t)だぜ!!

ワンショットサンプルを各パッドに配置し、それらを組み合わせてビートを組んでいくというのが従来のMaschine のワークフロー。MPC ライクな使い方に特化してたんだけど、オーディオループの扱いに欠点があった。

一般的なDAW の場合、オーディオループを読み込んだ時点でプロジェクトのテンポに同期する。でも、Maschine ではそれが出来なかった。オーディオループを手動で指定のテンポにタイムストレッチしなければいけなかったんだよね。

それが、やっと Maschine 2.7 でオーディオのリアルタイム・タイムストレッチが出来るようになったのだ!!

オーディオのリアルタイム・タイムストレッチが可能に!!

今回のアップデートで新たにAudio というプラグインが追加され、このプラグインを使用することでループのリアルタイム・タイムストレッチなどが可能になった。

もちろん、同一のグループ内でオーディオ、MIDI 両方扱うことも可能なので、打ち込んだドラムにブレイクビーツのオーディオループを重ねることが出来る。てか、やっとまともなDAW に近づいてくれた笑。

ブラウジングしているオーディオループも同期する!!

個人的に一番嬉しい変更点がコレ。

従来のMaschine はリアルタイム・タイムストレッチがなかったので、オーディオループをブラウジングする際に当然のようにプロジェクトのテンポに同期していなかった。それが今回のアップデートで同期しながらブラウジング出来るようになった!!

ブラウザーメニュ下部のホットスワッピングボタンをON にし、プレビューをミュートすることで可能。

これでオーディオループの視聴がチョー楽になった。

ループから新たなフレーズを作るGate モード!!

上記までは一般的なループの扱いの話。今回のアップデートでMaschine ならではの機能も当然追加されている。それが、オーディオループから新たなフレーズを作り出すことが出来るGate モードだ!!

このGate モードはノート部分のみループが再生されるという機能。オーディオループの一部分を使いたい時に便利な機能だね。で、このノートの音程によって再生されるループのピッチが変わるわけだ!!

これがマジで便利!!

例えば、ベースでルートをリズミカルに刻んでいるループであったとしても、音程を自分で指定することが出来る。これによって、ループから自分のプロジェクトにあったフレーズを作ることが出来るわけだ。また、ドラムのループであったとしても、音程をランダムに指定することで変わったブレイクビーツを誰でも作ることが出来る。

Maschine のRandom モードでフレーズを自動生成しようぜ!!

オーディオループから新たなフレーズを簡単に作ることで出来るようになった!!あとはこれらをどうやって組み合わせていくか、その点だけに集中すれば良い。

最後に

今回のアップデートでやっとオーディオのリアルタイム・タイムストレッチが出来るようになった!!これでビートメイキングも捗っていくんじゃないかな。

個人的にオーディオに関する不満点が大きかったのでAbleton Live に浮気しそうだったけど、その浮気心も消えてくれた笑。

久しぶりにMaschine でパコるか!!

スポンサーリンク