Maschine アップデートで追加されたIdeas View がチョー便利!!

いぇ〜い!!音楽活動楽しんでるぅ〜??

みんな大好きご利益ギタリストのピロ太郎(@project0t)だぜ!!

過去のMaschine アップデートで追加されたIdeas View 。見た目からわかる通り、Ableton Liveのセッションビューとほぼ同じ機能になります。

個人的に一般的なDAW のような左から右に時間軸が移動するシーケンスに慣れていたので、当初Ideas View は眼中にもありませんでした笑。

が、今回のMaschine パコパコビートメイキング動画の楽曲構成で使ってみた所、これがめっちゃ便利だってことに気付いた!!

作曲時の流れを止めないワークフロー

このIdeas View のメリットは曲を再生しながらフレーズをスケッチ感覚でどんどん録ってしまい、それらをリアルタイムで組み合わせて確認出来るところ。

Maschine はサンプルを配置するようなワークフローであるため、リアルタイムにF/B を得て反映するというIdeas View のワークフローと相性が抜群!!

Ideas View で色々試しながら楽曲を構成するシーンを作り、Arranger View で楽曲としての流れを組み立てる。各ビューの役割が尖っているからこそ、楽曲を作るワークフローは早くなる。何より作曲時の流れが止まらない点が素晴らしい!!

アイデアをどんどん出し、それを楽曲として構成するというワークフローがとても快適だった!!

Maschine Jam 欲しい

Ideas View の利便性に気付いた訳だが、Ideas View を使う上であると便利そうなのが Maschine Jam

MASCHINE JAM

僕の中で Maschine Jam はオンオフのトリガーやリアルタイム演奏に特化した位置付けなんだけど、 Maschine Studio はフレーズ作成、 Maschine Jamで楽曲構成や諸々の操作系と切り分けることでワークフローがより快適になる気しかしない。

ただ、それだけのためにMaschine Jam 買うのか?という話もあるんだが…笑

とにかくこのIdeas View の利便性はヤバイので、是非みんなも使ってみてくれっ!!

スポンサーリンク