Spectrasonics Omnisphere 2 新たに追加されたBASSMAN でベースがめっちゃ良い音に!!

スタッフY です。

先日アップしたMaschine パコパコデモ曲 Sweet Guitar Chill Beat のベース。もちろん僕が愛用しているSpectrasonics Omnisphere 2 を鳴らしています。まぁ、厳密に言えばTrilian のベースサンプルなんですが笑。

実際に鳴らしているのはTrilian に含まれているBass Legends のパッチ。

Spectrasonics – Legacy Products – Bass Legends

Bass Legends ってサンプリングCD として大分前に発売されたものなので、パッチそれ自体は若干古めかしい感じは否めないんですが、Omnisphere 2 で追加されたアンプシミュを通すことでズシンとしたモダンな響きになるんですよねー!!

Omnisphere 2 で追加されたBASSMAN

Omnisphere 2 の目玉のひとつは何と言ってもエフェクトの充実っぷりだと思っています。その中でも、アンプシミュ周りは特に際立っています。

20161121-1

もちろん、これらは単なるオマケで付いている訳ではありません。それぞれが良い仕事をしてくれるんですよー!!その中で今回のパコパコデモでは59 Fender BASSMAN のアンプシミュを使っています。

20161121-2

Fender BASSMAN は、元々ベースアンプとして発売したけどギターで鳴らしたら超良い音だからギターアンプとして使われている・・・みたいな背景があるようですが、ベースでももちろん良い音鳴らしてくれますよ。

※BASSMAN OFF

※BASSMAN ON

上記はBass Legends のパッチにBASSMAN を通しています。パッチ自体も良い音鳴っているんですが、もう少し重心を落としたようなアンプサウンドが欲しかったのでBASSMAN を通して音作りしました。

パッチの音自体が良いから、エフェクトのノリが良いんでよね。

で、このOmnisphere 2 内部のBASSMAN のハンパない所は、キャビネットの音を各マイクのインパルスレスポンスで収録している点でしょう。さらに、マイク毎にNeve とかAPI とか色んなプリアンプで収録されてる。

20161121-3

このキャラの違いを存分に楽しんで欲しいですね。僕はノイマンのAPI を好んで使用しています。ズシンとくるんですよ、ズシンと。

終わりに

Bass Legends という一昔前のパッチであっても、Omnisphere 2 で音作りすることで、思う存分ベースサウンドを楽しむことが出来ます。

ベース専用音源を追加しようかな・・・と思った時もあるんだけど、Omnisphere 2 の音で十分満足って感じんですよね。まぁ、使いすぎて若干音に飽きてる感はあるけれど笑。

ベースの良し悪しで低音の据わりが大きく変わるので、低音がブンブン鳴るベース音源を使っていこうぜ!!

んじゃ、またね。

スポンサーリンク