【DTM】音を締めるなら迷わずWaves V-Comp

前回のSpectrasonics デモのベースはTrilian のパッチを使っています。

20141110-1

これ、僕のお気に入りのパッチ!!すごい音が太いんです。

ただ、音は太いんだけど、曲のKey によっては低域に寄ってしまって扱いづらくなる。前回のデモではKey = Em でE→D→C とベースラインが下降していくんだけど、さすがにLow C は厳しい笑。

20141110-2

それでも、曲のKey を変えたくなかったから、このまま仕上げたった!!w

ここまで低域含んだ低い音鳴らしてると、音がちょっとネメっとするんだよね。

この音の質感を保ったまま、ミックスの中でもうちょっと締まりの良い音にしたい。そんな時、コンプ処理するのが真っ先に浮かぶ手なのかもしれないけど、低域を多く含んだソースだとコンプ処理がちょっと難しい。

でも、音を締めるならコレ!!っていうコンプがあるのだ。

それがWaves のV-Comp!!

20141110-3

これ、ただコンプに突っ込んでリリースオートにしてレシオ決めただけ笑。Waves のV-Comp はコンプとリミッターを兼ね備えているけど、今回はコンプのみ使ったよ。(分かりやすいように、デモの処理よりコンプに突っ込み気味にしてます)

音がグッと締まった感じ分かるかな?1音1音、バシッ!バシッ!!バシッ!!!と打ちつけているような張りがあって粒立ちのイイ音だと思うんだけど、これだけだと分かりづらいかな?苦笑。

この質感は手持ちのコンプではこれしか出せない。まさにオンリーワン!

効きが激しいので調整が難しいという難点はあるけど、きちんと要所を決めればむちゃくちゃ良い仕事してくれるコンプなんだ。

Waves のVシリーズはEQ もむっちゃ使えるから、オススメのバンドルだよ。黒金でセールやったら買っておきなさい。←

Waves Audio Ltd. » V-Series

スポンサーリンク