マスターの音像処理にはコレを使え!!Waves Center

スタッフY です。

マスターの処理を行う際に挿すエフェクトとしてはトータルEQ やコンプ、リミッターなどが挙げられると思う。今まで僕もそれらのエフェクトを使っていたのだけど、どうも迫力が不足している感があった。

それらはミックスの段階で何かの間違いを犯しているからだと思うのだけど、具体的に言えばサイドの音像がいつも狭く、前に出てこないというのが悩みだった。

サイドの音像を処理するにはWaves のS1 のようなイメージャーエフェクトが思い浮かぶと思う。

20151013-1

これで音像を広げることが出来るのだが、マスターに適用すると、どうものっぺりとした音になりがちだった。

そんな訳で、色々模索している過程でWaves Center が少し前にセールで安かったので購入して使ってみたところ、これが大当たりだった!!

Waves – Center | Media Integration, Inc.

Waves Center は音量の上げ下げではなくエンハンス的な処理をする

このWaves Center。使う前までは「ただMS で音量の上げ下げをして調整するんでしょ?」と思っていたのだけど、使ってみると全体が持ち上がってくるという感じがあまりしない。

20151013-2

どうもMid、Side に対して特定の周波数カーブで上げ下げをしているようだ。

Waves Centerの特性。|音楽のブログ

Waves S1 でマスターの音像をいじると中低域〜中域も持ち上がってきて、EQ で削りたいと思うぐらいにそれがすごく邪魔に感じる。音がのっぺりと感じるのはそれが原因だと思っている。ただ、このWavs Center でサイドを持ち上げると、その邪魔だと思われる帯域はさほど持ち上がってこないという訳だ。

いつも思うのだけど、Waves はつまみひとつで最適な処理を出来るように本当によく考えている。

僕がマスターに使う際は、上記のブログに記載があるのと同じようにサイドを適量持ち上げるということをするんだけど、これをするのとしないのとでは結果に雲泥の差が出る。

リミッターに入力する前にCenter によるサイドの音像の処理をすることで、まんべんなくリミッティングされ、少ないリダクションでも迫力が出てくる。

そこら辺は最近導入したFlux のElixir の特性とか色々考慮する点はあるのだろうけど、迫力を出そうとしてリミッターで過度にリダクションしてしまい、アタックの潰れたような音になってしまう方は、このWaves Center で一度音像の処理をしてからリミッターに突っ込んでみて欲しい。

全然音が潰れない魔法のリミッター!!Flux Elixir | どん底からの音楽生活

出てくる結果の違いに驚くと思う。

もちろん、この辺の話は広がりも考慮したミックスをすることで解決する話なのかもしれない。ただ、僕のようにマスターの処理においてもっと広がりが欲しいといってミックスに戻るのが煩雑だと感じる方には最適なプラグインだろう。

スポンサーリンク