対位法の勉強始めました コード&メロディで理解する 実践! やさしく学べるポピュラー対位法

最近はずっと和声を勉強していたんだけど、用いていた書籍をひと通り読み終わったので、対位法にも手を出してみた。

評判が良さそうだったので、今は絶版っぽくなっている上記書籍を使っているけど、どうやら現在は新版として蘇っているみたい。

読んでいる感想としては、対位法をすぐにでも自身で使えるように書かれているように思う。禁則的なことはほとんど書かれていなく、とにかく楽しみながら学べるよう初心者向けに書かれている。

いきなり難解な書籍に手を出して撃沈するよりも、こういった易しく説明されている書籍から試しに入ってみるのも良いように思う。

もちろん、ここに書かれていることは本当に対位法の上っ面の部分だと思うので、対位法に興味を持った人はもっと詳しく書かれている(難解な)書籍を手にとってみると良い。

【教則本】複数のメロディを同時に美しく鳴らす謎の技術の本 ウォルター・ピストン、長谷川 良夫 対位法レビュー

僕もいつかピストンを手にとってみたいものだ笑。

J-POP とか歌モノ系だったら、正直コレ1 冊読むだけで自作曲の裏メロなんかのフレーズがかなり違ってくると思う。

上記の誰でも聴いたことがあるような曲に対位法的にフレーズを入れてみた。

これが厳密に対位法に即しているかどうか分からないけど、読み進めていけば2 声対位法としてこういったフレーズが自分で作れるようになる。あくまで初心者向けの書籍だけど、対位法とはなんぞ?という方は手に取りやすい書籍だと思う。

それにしても、対位法でフレーズ考えようとすると頭がマジで沸騰しかける笑。

さて、これを読んだらピストンにry

スポンサーリンク