Waves

スポンサーリンク
DTM

ギターサウンドの存在感を引き立てよう!!Waves PuigTec EQs

僕が好んで使用するEQ はハードウェアをモデリングしたタイプが圧倒的に多い。これまでも、ギタートラックで好んで使用する主だったEQ を紹介してきました。 実は、上記以外にもまだ紹介していないEQ がたくさんあるんですよ...
DTM

サウンドメイクとして太さと存在感をプラスしよう!!Waves Abbey Road REDD

ミックスする上で必ず使用するコンソール系プラグイン。最近はWaves REDD を必ず使用しています。 このWaves REDD は数あるコンソール系プラグインの中でもSlate Digital VCC やWaves NLS ...
DTM

エンハンサープラグインWaves Vitaminでギターの音を際立たせよう!!

ギターの音作りにおいて、エンハンサーはあまり馴染みのないエフェクトかもしれない。ただ、埋もれがちのギターの存在感を出すのに最適なエフェクトだと思ってる。 エンハンサーでギターの音を際立たせよう!! エンハンサーの効果は? 一言で言うと...
DTM

OPT(光学式)コンプ LA-2A とLA-3A を使い分けよう!!

ボーカルやベース等にナチュラルなコンプをかけたい場合、僕はOPT (光学式) コンプをチョイスします。OPT (光学式) コンプの代表はTeletronix LA-2A モデリングですよね。 OPT (光学式) コンプと言えば...
DTM

パラレルコンプレッションの基本を理解しよう!!

今回の動画では、パラレルコンプレッションの基本を解説しています。 動画を見て頂くと分かるように、パラレルコンプは過激にコンプをかけたサウンドと原音の音の輪郭やメリハリ等のアタック部分を掛け合わせることで、コンプサウンドと原音の...
DTM

Waves L1 をドラムのバスコンプとして使ってみよう!!

今回の動画では、Waves L1 Limiter をドラムのバスコンプとして使用するテクニックを解説しています。 動画を見て頂くと分かるように、ふくよかさを出しながら迫力のあるドラムにするためのバスコンプとして、WAVES L...
DTM

ギタートラックの気になるノイズはディエッサーとしてWaves C1 で抑えよう!!

最近、ギタートラックにディエッサーを使用する機会が多いです。狙いとしては、ノイズのように聞こえてしまう高周波数帯を抑えるためですね。 上記のギタートラックでは、高周波数帯にシャーといったノイズのような音が乗ってます。もちろん、...
DTM

オケ中で突き抜けてくる!!Waves Kramer PIE Compressor

基本的にミックス時にバスコンプってあまり使わないんですが、今回紹介するWaves Kramer PIE Compressor は今後使用機会が多くなるバスコンプになりそう!! Waves Kramer PIE Compre...
DTM

あらゆるケースに対応できるチャンネルストリップ!!Waves Scheps Omni Channel レビュー

僕が気に入って使用しているWaves Scheps 73。その共同開発者、ミキシング・エンジニア アンドリュー・シェップス氏が長年手掛けた経験を基に開発されたチャンネルストリップ WAVES Scheps Omni Channel をレビュ...
DTM

簡略化されているからこそ使いやすいコンボリューションリバーブ!!Waves IR-L Convolution Reverb

Waves の"コンボリューション系"リバーブ IR-L Convolution Reverb のレビュー。 IR-L Convolution Reverb レビュー 一聴した時「ウオッ!!」と思ったくらい自然なリバーブ...
スポンサーリンク