AIがリズムを作る!Logic Pro 11 Drummerの使い方と実践テクニックを徹底解説

スポンサーリンク

今回のYouTube動画では、Logic Pro 11でアップデートされたDrummerを紹介しています。

DrummerはPop RockからR&Bまで、さまざまなスタイルのリズムパターンを誰でも簡単に作成できます。リズムトラックの作成が苦手な方に、ぜひ使ってほしい機能です。

この記事では、Logic Pro 11で進化したDrummerの概要を説明し、実際にデモを使いながら楽曲にマッチしたリズムパターンを作る方法を解説します。

スポンサーリンク

Logic Pro 11 Drummerの使い方と実践テクニック

Drummerの概要

Logic Pro 11のDrummerは、AIを活用した自動ドラムパターン生成機能です。初心者でも直感的に操作でき、多彩なスタイルのドラムパターンを作成できるのがポイントです。

Logic Pro 11 Drummer

前バージョンのLogic Pro XでもDrummerは使えましたが、Logic Pro 11ではより直感的で使いやすい設計になっています。

選べるジャンルが増え、操作性が向上しました。また、新たに手動入力機能が追加され、より細かいリズムの調整が可能になっています。

Drummerの機能と特徴

多彩なドラミングスタイルの選択

Drummerでは、多彩な音楽ジャンルからドラミングスタイルを選択可能。ジャンルの選択によって、そのジャンルにマッチしたドラムサウンドやフレーズに自動的に切り替わります。

ドラミングスタイルを選択

※Pop Rock

※Neo Soul

前バージョンよりも選べるジャンルが増えており、新たにサイケデリックロックなど追加されています。まずは、ここから楽曲にマッチしたジャンルを選びましょう。

ビートプリセットの選択

ドラミングスタイルを選択したら、Session Playerエディタにあるビートプリセットを選びます。

ビートプリセットの選択

※ビートプリセット Half-pipe

※ビートプリセット Echo Park

ビートプリセットとは、リズムパターンのプリセット。パターンやフィル、スイングなどの設定を素早く切り替えることが可能です。色々切り替えながら、イメージに近いリズムパターンを選んでください。

リズムパターンの調整

リズムパターンの調整は、2本のスライダーとメイン画面で行います。

リズムパターンの調整

Drummerの中心的な機能である複雑さと強さで、ドラムパターンのラウドネスと手数の多さを決めます。ソフトで単純なリズムから、手数の多い複雑なリズムまで調整可能です。

※複雑さと強さ 調整前

※複雑さと強さ 調整後

上記デモでは、複雑さと強さを下げて、ソフトで単純なリズムに調整しています。逆にハードで複雑なリズムにしたり、複雑さと強さによって様々なリズムパターンが作成可能です。

メイン画面では、キックやスネア、ハイハット等のパターン変更、フィルイン、スイング感の調整を行います。

リズムパターンの変更

例えば、リズムを刻んでいるハイハットやキック、スネアのリズムパターンを変更したり、ハイハットをライドシンバルやフロアタムに変更することもできます。

※パターン変更前

※パターン変更後

上記デモでは、キックとスネア、ハイハットのリズムパターンを変えています。パターンは演奏のリズム的な基礎となるもので、アクセントの位置に大きく関与します。

また、指定したトラックにマッチしたリズムパターンを瞬時に作ることも可能です。

Screenshot

※リズムをフォロー OFF

※リズムをフォロー ON

上記デモでは、リズムをフォローからベーストラックにマッチしたリズムパターンに修正しています。キックの位置が、ベーストラックにマッチするように修正されているのが分かると思います。

手動入力機能

Logic Pro 11から新たに追加された手動入力機能も、非常に便利です。

手動入力機能

ステップのオンとオフを切り替えることで、自分がイメージするリズムパターンを簡単に作成できます。これにより、メイン画面での調整では作れないリズムも、簡単に実現可能です。

人間味のあるリズムパターンに仕上げる

詳細タブでは、ゴーストノートの調整やパーカッションの追加、フィーリング、ヒューマナイズなどを調整します。

詳細タブ

これにより、より人間味のあるリズムパターンに仕上げることができます。

Drummerを使ってみよう

今回のYouTube動画後半では、実際にデモを使いながら、Drummerで楽曲にマッチしたリズムパターンを作っています。

楽曲制作での活かし方がイマイチ分からないという方は、動画後半から見ていただくのをオススメします。