DTM

スポンサーリンク
DTM

ワンノブで簡単に倍音付加!!Kush Audio OMEGA 458A レビュー

Kush Audio のOMEGA 458A を買いました。 このプラグインはAltec の458A という真空管プリアンプをモデリングしたプラグインで、誰でも簡単にプリアンプの質感を得ることができるという、よくあるプラグイン...
DTM

ギター音作り解説 – EQ処理でギターサウンドを磨こう

今回の動画では、ギターサウンドへのEQ処理について解説しています。 最近、YouTubeで「ギターの音作り良いですね!!」といったコメントをよく頂きます。実は、僕のギターの音作りはアンプシミュだけでなく、その後のEQ 処理がめ...
DTM

OPT(光学式)コンプ LA-2A とLA-3A を使い分けよう!!

ボーカルやベース等にナチュラルなコンプをかけたい場合、僕はOPT (光学式) コンプをチョイスします。OPT (光学式) コンプの代表はTeletronix LA-2A モデリングですよね。 OPT (光学式) コンプと言えば...
DTM

特徴が異なる2種類の倍音付加を楽しもう!!Kush Audio REDDI レビュー

Kush Audio にはA-Designs AudioのダイレクトボックスREDDI をモデリングしたプラグインがあります。 そもそも、DI の用途はハイインピーダンスからローインピーダンスへの変換やアンバランスから...
DTM

複数の動作タイプの個性を持つコンプレッサー!!Kush Audio Novatron レビュー

ハードウェアのコンプには真空管、光学式(OPTO)、FET、VCA 等さまざまな動作タイプがあり、多くのプラグインはこれらをモデリングしています。各々、コンプのかかり方等異なってくるので、用途の応じて使い分ける必要がありますよね。 最...
DTM

パラレルコンプレッションの基本を理解しよう!!

今回の動画では、パラレルコンプレッションの基本を解説しています。 動画を見て頂くと分かるように、パラレルコンプは過激にコンプをかけたサウンドと原音の音の輪郭やメリハリ等のアタック部分を掛け合わせることで、コンプサウンドと原音の...
DTM

Waves L1 をドラムのバスコンプとして使ってみよう!!

今回の動画では、Waves L1 Limiter をドラムのバスコンプとして使用するテクニックを解説しています。 動画を見て頂くと分かるように、ふくよかさを出しながら迫力のあるドラムにするためのバスコンプとして、WAVES L...
DTM

Trilian 愛用者から見たIK Multimedia MODO BASS レビュー

IK Multimedia のフィジカル・モデリング・ベース音源 MODO BASS を導入しました。 メインで使用しているベース音源 Spectrasonics Trilian が抜群にイイため、ずっと導入の機会を見送ってい...
DTM

TS9 Tube Screamer をブースターとして使ってみよう!!

先日アップしたONE OK ROCK 未完成交響曲のギターカバー動画で弾いているギターソロでは、メインの歪みをTS 系オーバードライブのTS9 Tube Screamer でブーストしています。 これまでTS 系オーバードライ...
DTM

ギタートラックの気になるノイズはディエッサーとしてWaves C1 で抑えよう!!

最近、ギタートラックにディエッサーを使用する機会が多いです。狙いとしては、ノイズのように聞こえてしまう高周波数帯を抑えるためですね。 上記のギタートラックでは、高周波数帯にシャーといったノイズのような音が乗ってます。もちろん、...
スポンサーリンク