【DTM】TrilianのLive Mode のちょっとした編集

Spectrasonics Trillian は「最高のベース音を提供するソフトウェア音源」と謳っているだけあって、音のクオリティーが半端ないです。それを使いこなせるかどうか?は別問題ではありますが・・・

他社のベース音源にあるように、このTrilian もLive モードを使うことでキースイッチによるアーティキュレーションの切り替えが出来ます。

20141019-1

画面を見れば一目瞭然で、Trilian のマルチのプリセットを選ぶことで、このようにキースイッチが適用された状態で読み込まれます。

ただ、このマルチのプリセットで使わないアーティキュレーションがある場合、読み込み時間が長くなったりメモリ使用量が多くなったりするので、その場合は使わないアーティキュレーションをクリアーするか、自分でLive モードをマルチで組むのが良いと思います。

20141019-3

自分でイチからLive モードのマルチを組む場合、各パートにアーティキュレーションを読み込んでMIDI Learn もしくはNote Learn からキースイッチをアサインします。

20141019-4

これで負荷の節約などに役立つと思いますよ。

ちなみに僕はイチから組むことが多いでーす。

スポンサーリンク