“従”に徹するディレイエフェクター!!One Control Sea Turquoise Delay

スポンサーリンク

ペダルボードの中でスペースを取らないという理由(まぁ、それだけではないんだけど笑。)から購入したOne Control のSea Turquoise Delay。スタジオ内で数回使用しただけだったので、音の傾向をずっと掴めていなかった。

ディレイの悪魔。
One Control Sea Turquoise Delay

最近BIAS Mini Guitar を購入したことからコンパクトエフェクターを色々試しており、その一環としてSea Turquoise Delay を色々触ってみた。

原音がクリアーに聴こえるSea Turquoise Delay

製品ページで以下が言及されているように、Sea Turquoise Delayの特徴はディレイ音が原音に一切干渉しないこと。

Sea Turquoise Delayのディレイサウンドは、圧倒的な明瞭でクリアなトーンでありながら、常に“主”であるプレイを引き立て、“従”に徹します

ディレイ音の傾向

大抵の場合、エフェクトレベル(ディレイ音)を上げていくと原音がディレイ音に包み込まれてしまい、原音に不透明さが出てしまう。

ただ、Sea Turquoise Delay の場合、どれだけエフェクトレベルを上げても原音、ディレイ音の主従関係が崩れず、原音がどこまでもクリアーに聞こえる。

ディレイ音はほんの僅かに減衰している程度。その減衰具合が抜群で、音の芯がきちんと残っている様は本当に製品ページに記載されている”圧倒的な明瞭でクリアなトーン”といった感じ。

エフェクトレベル高めで使いたい

上記から分かるように、Sea Turquoise Delay は原音のイメージをしっかり保つので、エフェクトレベルを積極的に上げて使っていきたい。

特にギターソロ時のリードサウンドでは長めのディレイタイムでエフェクトレベル高めに設定することで、音の芯がしっかりして埋もれない壮大なサウンドが簡単に出せる。

このサウンド、弾いててめっちゃ気持ちイイんだよね!!