ギターエフェクト オクターバーの使いどころについて

ピッチシフト系のエフェクターは滅多に使わないんですが、今取り掛かっているギター演奏動画のオケ制作でフレーズの存在感を出すために使ってみました。

オクターバーって主に単音フレーズ(リードプレイや単音リフ等)の存在感を出すために使うものと言われてる。ただ、無機質な音になりがりなんですよね。そういった効果を狙って使うならいいんだけど、無機質感がオケ中で浮いちゃう。

ワンオクのNO SCARED をコピーした時、当初リードプレイはオクターバーを使ってました。ただ、無機質感がハンパなく音の調整もすごく難しかったので、結局オクターブ下を自分で弾いて(PAN 位置を調整しつつ)良い具合に混ぜてます。

ONE OK ROCK - NO SCARED [GUITAR COVER] [INSTRUMENTAL COVER] by Yuuki-T

オクターバーって早いパッセージに向いてないように感じるし、オクターバー向きのフレーズや音作りがあるように思う。

存在感を出すために使うモノという言われ方だけど、存在感がないからオクターバー使いますではなく、あくまでオクターバーありきでアレンジから考えるべき、そんなエフェクターだと考えてる。

オクターバーに限らず、この手のピッチシフト系エフェクターが上手く使えるようになると、ギタリストとしてワンランク上がる感じがするね。僕はめちゃくちゃ下手くそだけど笑。