鉄拳7 ラッキークロエ 対策 背向け技について

ラッキークロエにフルボッコにされた。

原因は主に背向けからの派生技にまったく対応出来なかったため。

ラッキークロエの背向け技について

背向け主要技

正直、ラッキークロエの背向け技は多種多様なため、まだ全てを把握できていない。

それでも試合中によく使ってくる背向けの主要技はある。

背向け中 2LK 発生 10F G -11F H +3F CH +3

背向けからの生ローだが、発生が早い上にヒット時にプラスが取れたりと優れた技。

背向け中 6WK WK WK

背向けからの大本命技。ここからのコンボでゴッソリ体力を持っていかれるため、絶対に食らってはいけない技。

背向け中 2WK 発生 23F G -18F H CH 共にダウン

背向けからの下段の中では重たい部類の技。ノーマルヒットからでも追撃が入る。前述した背向け中 6WK を食らわないようにボッ立ちしていると食らってしまう。ガードしたら浮かしたい。

背向け中 7 or 8 or 9LK

上記の背向け中 2WK と対になる背向けからの中段択。背向け中 6WK も中段のため下段との対になりそうだが、この技の方が発生が早い。

この他にも背向けからの派生技があるのだが、とりあえず主要技としては上記だと思う。

対策

主要な背向け移行技は以下。

4LK 発生 17F G -8F H +13Fk CH +13Fk

6RK or 6RK RK 発生 27F G -4F H +9Fs CH +9Fs

横移動 RK 発生 21F G -9F H +2F CH ダウン

他にもLK や2WK 等あるが、主要は上記だろう。

上記の技ガード or ヒット時に背向け移行技を出してくると思ったら、3 (下段捌き)チョイ入れファジーでほとんど対応出来る。

ただし、背向け中 2WK は発生が遅い分、他の中段択の兼ね合いからファジーで対応出来ない。

そこでオススメなのは、フレームから勝てる技で割る方法。

4LK ガード時 -8F のため、飛鳥の場合、最速下段の背向け中 2LK だろうと膝でカウンターが取れる。他にはジャンステの紫雲でも良い。横でかわされた時のリスクはあるが、相手の技に対して読み勝った際のリターンが大きいので狙っていきたい。

とりあえず、ファジー or カウンター狙いで様子をみてみる。