TS9 Tube Screamer をブースターとして使ってみよう!!

スポンサーリンク

先日アップしたONE OK ROCK 未完成交響曲のギターカバー動画で弾いているギターソロでは、メインの歪みをTS 系オーバードライブのTS9 Tube Screamer でブーストしています。

これまでTS 系オーバードライブはほとんど使用してこなかったですが、今回ブースター用途で試したところ、なぜブースターとしてこれほどまで支持されているのかよく分かりました。

TS9 Tube Screamer をブースターとして使ってみよう!!

何を期待してハイゲインサウンドをブーストするのか

ブースターは一般的に音量や歪みの増加を期待して使用すると思います。

クリーンサウンドにハリを加えたり、オーバードライブサウンドに対してゲインアップを狙う用途では、ブースターは期待通りの働きをしてくれますが、そもそもハイゲインサウンドに対して音量や歪みの増加を狙うケースってあまりないんですよね。

歪みについては既に深い歪みが得られているのでトゥーマッチになるし、特にDAW 制作中心の場合、大げさな話しフェーダーを上げれば音量増加にも対応できます。

では、ハイゲインサウンドに対して何を期待してブースターを使用するのか。

それは、歪みや音量の増加でなく、フィルタリングによる音色変化を期待してブースターを使用する。そして、そのトーンシェイパーとしてTS9 Tube Screamer のようなTS 系オーバードライブがめちゃくちゃ使いやすい訳です!!

トーンシェイパーとして最適なTS9 Tube Screamer

こういった歪みエフェクターをブースターとして使用する場合、歪みを抑えてレベルをガッツリ上げるセッティングが一般的。エフェクターで歪みを足すというよりも、アンプにレベルを突っ込むようなセッティングですね。

今回使用したTS9 Tube Screamerはミドルがブーストされるとよく言われますが、感覚的にはローとハイがバサッと削れることにより、ミドルが相対的に強調されるようなイメージ。このトーンシェイプこそ、TS 系オーバードライブをブースターとして使用するイチバンの理由だと思います。

ギターのおいしいミドルが強調されたサウンドは弾いてて気持ちよく、高域が削れている分、ギターのアタック感も適度にマイルドになっています。

また、トーンは明瞭感を調整するというより、ギターのアタック感を調整するようなイメージ。マイルドになりすぎたアタック部分を立たせるために調整する。

これまでブースターと書いてきましたが、ブーストさせるというよりはギターの音作りの一環としてTS9 Tube Screamer を使用するような感じ。トーンシェイプ用途なので、僕の中ではEQ 等と同列の扱いです。

ミドル寄りのギターらしいリードサウンドが簡単に作れる。あまりに良すぎて、なんか実機を買ってしまいそう笑。