BIAS FX 2のプリアンプが超イイ!!

スポンサーリンク

先日、YouTube にBIAS FX 2 音作り動画として、Nirvana の名曲Smells Like Teen Spirit 風サウンドを作ってみました。

その際、BIAS FX 2 に収録されているプリアンプを初めて使ったんですが、コレがギターサウンドの張りがガッツリ出てマジで素晴らしい!!

BIAS FX 2 | Media Integration, Inc.
手で触れられるかのように生々しいギター・サウンドをモデリングで実現した、ギター・アンプ/エフェクト・プロセッサーBIAS FX 。他のBIASシリーズで作成した多彩なアンプ/エフェクト・モデルを統合可能なプラットフォーム、世界中のプレイヤーにより数千ものトーンにアクセスできるToneCloud、現実のアンプの持つ熱量を...
スポンサーリンク

プリアンプでギターサウンドに張りを出せ!!

プリアンプの各パラメータ解説

基本的にはPREAMP とLEVEL で入力と出力音量を調整し、DRIVE でプリアンプ自体の歪みを調整する。

特出すべきは、上部のBUZZ、PUNCH、CRUNCH。それぞれ低域、中域、高域のSCOOP になるんだけど、PUNCH を下げることで中域が削れるため、いわゆるドンシャリサウンドが簡単に作れたりする。

このトーンコントロール部分も実はめっちゃ使いやすい。

サウンド比較

以下のプリアンプON/OFF のサウンドを聴き比べてみて欲しい。

※プリアンプOFF

※プリアンプON

プリアンプをかました方がサウンドが際立って張りを感じると思う!!またトーンも調整しているので、太さがありながらスッキリとしたサウンドになってる。

ブースターとどっちを使おうか問題

これまでギターサウンドの張りを出す場合、僕は必ずTube Boostを使ってた。

ただ、今回プリアンプを使ってみて、いとも簡単にサウンドの張りを出すことができた。正直、Tube Boostよりも絶大な効果で笑。

今後しばらく、サウンドの張りを出す用途ではプリアンプをメインに使ってみようと思う。