DTM

スポンサーリンク
DTM

BIAS Professional ならば3 種類のエクスパンション・パックで音作りがより簡単に!!

スタッフY です。 BIAS Desktop はプリアンプやパワーアンプのフルカスタマイズが売りではありますが、そのせいもあって製品自体にマニアックな印象を抱いている方もいらっしゃると思います。特に、さほどギターに明るくないDTM ユーザー...
DTM

BIAS Desktop での音作りはプリ部の3-BAND FILTERS を調整しよう

スタッフY です。 コレなくして私のギターサウンドは成り立たないという程に重宝しているPositive Grid のBIAS Desktop。 このBIAS Desktop は他者のアンプシミュよりも自由度が高いので、他にはないパラメータを...
DTM

より太く!より過激に!!Waves CLA Bass

スタッフY です。 私が楽曲の中でベースを扱う場合、音源による打ち込みが主になります。 音源の場合、昨今はプリセットが充実しているので、音作りに関してはあまり困らないかもしれません。ただ、「もっと太くしたい」とか「歪ませて過激にしたい」など...
DTM

気持ちよくギターを弾きたいならWaves CLA Guitars を試してみるんだ!!

今やこれなくして曲作り出来ないっていう程に重宝しているWaves のChris Lord-Alge Signature Series。誰でも扱うことが出来る程の圧倒的な操作のし易さなど、他のSignature Series も物色してみよう...
DTM

簡単にロック向けのドラムサウンドを!!Waves CLA Drums

スタッフY です。 DTM で曲作りをしている方の中で「ドラムってどうやって音作りすればいいんだろう?」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?ちなみに、わたくしスタッフY もその中のひとりであります。 特にドラム音源の素の状態から音を作ろう...
DTM

ミックス時にドラムの据わりが悪い原因はほぼピッチにある

ミックスしてて「ドラムのステムトラックは良い感じで鳴っているのに、全体で混ぜるとどうも据わりが悪い」という時ありませんか?例えば、スネアだけ浮ついて聴こえるとか。 その場合、EQ でアレコレしても良くなる可能性は少ないです。 このような据わ...
DTM

ミックスだけでなくサウンドメイクにまで使える!!Waves CLA Guitars

スタッフY です。 以前、ボーカルミックスに慣れていない人にこそ使って欲しい!!Waves CLA Vocals という記事を書きました。この時にCLA Vocals にえらい感動したので、思い切ってChris Lord-Alge Sign...
DTM

Making A Chill Beat with Maschine Expansion Velvet Lounge Ep. 2

Drums: Original Kit composed of VELVET LOUNGE Samples Bass: Massive of VELVET LOUNGE Electric Piano: Stalight Kit of VEL...
DTM

リズムトラックでは高域をカットすることも考えよう

僕は当初、曲作りにおいて高域を強調したがる癖があった。それは「高域が鳴っていた方が音が良い」という認識があったからだ。 もちろん、高域を強調することで抜けの良い音に仕上がるのだが、そればっかりやっていると全部が前面で鳴りがちで、どことなく落...
DTM

MASCHINE EXPANSION VELVET LOUNGE DEMO 20151224

Drums: Original Kit composed of VELVET LOUNGE Samples Bass: Massive of VELVET LOUNGE Electric Piano: Stalight Kit of VEL...
スポンサーリンク