BIAS AMP 2 拡張IR Celestion Modern Vintage Pack 買った!!

スポンサーリンク

去年のブラックフライデーでBIAS AMP 2 のCelestion Modern Vintage Pack を買いました。

BIAS AMP、BIAS FX拡張パック | Media Integration, Inc.
BIAS AMP、BIAS FXにバリエーションを追加する拡張パック。ご使用には各拡張パックに対応するBIAS AMP、BIAS FXが必要になります。 Metal Signature Pack 3人のメタル・マスター、Jeff Loomis、Ola Englund、Keith Merrowとの共同開発で誕生した...

いやぁーめっちゃ音良くてヤバいですよ、コレ!!とにかくサウンドが生々しいの一言。

スポンサーリンク

Creamback系のマイルド感が僕の好み!!

Celestion のスピーカーと言えばVintage30 が一番有名かな。

BIAS AMP 2にもCelestion Classic Pack としてVintage30 のIR ファイルがあるけど、結構ギラついた音で、ソコが苦手な人は”良い音”と認識しないかもしれない。ただ、そのギラつきがある分、とにかく音が抜けてくるのが特徴だね。

で、僕は主にCreamback 系を今は使ってる。

Vintage30 と比べると、Creamback はとにかく太くてマイルド。僕のメインギターのPRS にめっちゃ合うんですよね!!

どのIR ファイルも基本的にはブライトで生々しいサウンド。その上で、それぞれサウンドキャラが異なる。このサウンドキャラについて、もっとわかりやすく言うと、音のピークが異なるんですよね。

例えば、前述したVintage30 は中高域にピークがある。そのため、他のCelestion のスピーカーIRと比べると、粒の粗いサウンドに感じる。それと比べて、僕の好きなCreamback 系は中域にピークがあるため、太くマイルドなサウンドに感じる。

IR ファイルによって音のピークが変わるっていうのがポイント。ギターの音作りでは、このピークの扱い方が大事なんですよね。

もともと、こういった太くてマイルドなCelestion のスピーカーIR として、同社のCelestion Classic Pack に付属しているGreenback を好んで使ってた。

去年アップしたギターカバー動画の多くで、Greenback を採用している。

結構似たサウンドキャラだなぁって思ってたら、Greenback の許容入力を上げたのがCreamback ってことらしい。そりゃ、似たサウンドキャラだと思うわけだ。

CELESTION Creambackは名機Greenbackのハイパワー仕様 | エレキギター情報サイト TGR
CELESTION から発売の Creamback"クリームバック"はCELESTIONの名機"グリーンバック"のハイパワー仕様。許容入力の問題で諦めるしかなかったG12M"グリー...