Media Integration公式サイトでWaves JJP Guitars 製品Tips 記事を書きました

スポンサーリンク

Media Integration さんの公式サイトでWaves JJP Guitars製品Tips 記事を書きました。多くの方の頭を悩ませるギターの音作りが、JJP Guitars ひとつで誰でも簡単にできてしまうことをデモ付きで解説しています。

音作りを一つのプラグインだけで解決 JJP Guitars | Media Integration, Inc.
2022年春より「メディア・インテグレーション認定スペシャリスト」による特別な製品Tips記事をお届けします! 今回のライターはギターやバンドサウンドの音作りを中心に、プラグインの効果的な使い方の解説を行う「どん底からのDTM生活〜リターンズ」Yuuki-Tさんです。 &nbsp 多くの方の頭を悩ませるギターの「音作...

製品Tips 記事で紹介したJJP Guitars は、著名エンジニアのワークフローをプラグイン化したSignature Series に属するプラグインになります。

僕はWaves 製品が大好きで、その中でもSignature Series を特に推しています。Waves 製品のコンセプトである「簡単操作で抜群の効果」を最も体感できるSignature Series こそ、DTM で音楽を楽しんでいる方全員にオススメしたいプラグインだと思っているからです。

ここでは、製品Tips 記事の補足として、何故僕がそこまでSignature Series を推しているのか、その理由を書いておこうと思います。

スポンサーリンク

Signature Series で簡単操作で抜群の効果を体感しよう!!

誰でも簡単にイメージしている音が出せる

誰でも簡単にイメージしている音が出せるというのが、Signature Series の他にはない最大の特徴。トラックに必要な処理が「言語化」されているため、イメージに従ってスライダーを上げ必要な処理を加えるだけです。

DTM で音楽を楽しんでいる方の多くが、頭でイメージした音が出せないという問題を抱えています。EQ で何Hz がどうのとか、コンプの設定がどうのとか、エフェクトをどうやって組み合わせるか、とにかく考えないといけないことが多すぎてハードルが高すぎる。

その高すぎるハードルがSignature Series では全く感じないんです。イメージに従ってスライダーを上げるだけ。EQ の設定とかコンプの設定とか考える必要もない。

音楽に対するモチベーションが保てる

イメージに従ってスライダーを上げるだけなので、音作りで悩むことがない。そのため、作業時間が大幅に短縮できます。

実は、僕はここ何年間、ずっと高いモチベーションを保ったまま音楽と接しています。その理由は、Signature Series によって作業時間が大幅に短縮できることで、自身の作品の公開ペースが短くなっているからだと感じています。

DTM で音楽を楽しむ上で、モチベーションをいかに保つかがすごく重要ですよね。僕は次々にネットにアップし、そこに少なからず反応があることがモチベーションに繋がっています。

サウンドクオリティが高い

人によっては、Signature Series は初心者向きの簡易的なツールというイメージがあるかもしれませんね。もちろん、初心者向きではありますが、サウンドクオリティがトレードオフになっていることはありません。

先日アップしたギターカバー動画のドラムは、Eddie Kramer Signature Series ほぼ一発です。にも関わらず、パンチ感、音抜け等、どれをとっても納得のいくサウンドになってます。

もちろん、Signature Series を使わず他のプラグインを組み合わせながら音を追い込むこともできます。もしかしたら、そっちの方がより細かい調整ができるため、クオリティがより高くなるかもしれません。

でも、それをやってしまったら作業時間が伸びて作品の公開ペースが長くなり、モチベーションの低下に繋がりかねない。それだったら、短時間できちんとしたクオリティが担保できるSignature Series を使ったほうが良いと思っています。

自分に合ったSignature Series を使ってみよう!!

  • 誰でも簡単にイメージしている音が出せる
  • 作業時間が大幅に短縮できる
  • サウンドクオリティが高い

これらがSignature Series を推している理由になります。特に、誰でも簡単にイメージしている音が出せるというのは、僕がこれまで色々使ってきた中でSignature Series にしかなかった特徴です。

Signature Series には多くの著名エンジニアのモデルがあるため、幅広いジャンルをカバーできています。是非、自分にあったSignature Series を探して使ってみて下さい。

Chris Lord-Alge Signature Series はアメリカンロックサウンドが簡単に出せるのが特徴。とにかく派手に、ガチガチのロックがやりたいという方にオススメです。

Waves Audio - 日本 - Chris Lord-Alge Signature Series
30年以上もの間、ロック界のサウンドを牽引してきたミキシング・エンジニア、クリス・ロード-アルジ。彼のテクニックそのものを、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルなど

Eddie Kramer Signature Series はポップスからロック向き。僕が好んで使っているSignature Series ですね。

Waves Audio - 日本 - Eddie Kramer Signature Series
ビートルズが「愛こそはすべて」をレコーディングしたときコンソールにいたのは、エディ・クレーマーという名のエンジニアでした。 ジミ・ヘンドリックスが「パープル・ヘ

製品Tips 記事で紹介したJJP Guitars を含むJack Joseph Puig Signature Series は、上記2つよりも守備範囲が広く、あらゆるジャンルに対応できます。一番今っぽい音が出せる印象です。

Waves Audio - 日本 - Jack Joseph Puig Signature Series
U2、ブラック・アイド・ピーズ、ジョン・メイヤー、レディ・ガガ、ベック、そしてローリング・ストーンズ。錚々たるアーティストを手がける グラミー賞プロデューサー/エン

Tony Maserati Signature Series は、生っぽいサウンドに色気を出すのに最高です。アコースティックを多用する方やR&B、ヒップホップ等のトラックメイカーの方にオススメです。

Waves Audio - 日本 - Tony Maserati Signature Series
Tony Maserati Collectionは、現在のヒットチャートを席巻するヒップホップ、R&Bの潮流を担ってきた稀代のエンジニア、トニー・マセラティのワークフローを再現するプラグ

上記以外にもSignature Series があります。まずは上記を参考にしながら、自身に合ったSignature Serie を使ってみて下さい。